お風呂で美しくダイエット&免疫up

おはようございます。あんり治療院の藤井です。

今日は母の日なので皆さんにカーネーションをお贈りしたいところですが、そういう訳にもいきませんので、いつもの【健康情報】とは少し違う、『美容情報』を今日はお伝えさせて頂きます。

すがすがしい日が続く5月ですが、美容の点滴「紫外線」が猛威を奮っています。
1年間の紫外線量をみると、5月から8月がもっとも多いのですが、夏に比べて日傘や日焼け止めを使用することの少ないこの時期は、最も注意しないといけない時期でもあります。

しっかりと対策していても日焼けしてしまったときの対処法に、『熱刺激タンパク質(HSP:HeatShockProtein)』というものがあります。

熱刺激タンパク質(HSP)とは、1974年に発見された人体に存在するタンパク質の一種で、『美容』『健康』『免疫up』に重要な役割を持つと注目されています。
熱刺激タンパク質を増加させることで様々な効果が期待できるのですが、効果を説明する前に、何度も見直してもらいやすいように、先に熱刺激タンパク質の増やし方を説明させて頂きます。

加圧トレーニングや低酸素トレーニング、ウォーキングなどの付加トレーニングなどでも熱刺激タンパク質は増加するのですが、最も効果的なのがお風呂です。
熱刺激タンパク質を増加させることを目的として考えられた入浴法で、『HSP入浴法』というのがありますのでご紹介します。

≪HSP入浴法≫

【0】HSP入浴法を実践する前の注意
HSP入浴法は数十分間の入浴で汗をたくさんかきますので、「入浴前」に「しっかりと水分補給」しておいてください。
あと、入浴中に体温を測れるとより確実なHSP入浴法を実践できますので、口の中(舌下温)で体温を計測できる体温計があればご用意ください。

【1】入浴の方法
40度のお湯なら20分、41度のお湯なら15分、42度のお湯なら10分浸かります。
入浴で体温が38度くらいまで上昇すると理想的です。
この時、お風呂の温度が下がらないように注意してください。
また、入浴時間は「合計」ですので、湯船から上がって休んでいただいても構いませんが、体温が下がらないように注意してください。

【2】入浴後はしっかり保温
1のHSP入浴法で上昇した体温を入浴後も保温します。
パジャマやバスタオル、バスローブなどを使用して、10~20分間しっかりと保温します。
※この時、冷たい飲み物などをのんで体温を下げないでください。

【3】保温後は普段通りに
2の10~20分間の保温が終了したら、自然に体温を下げて終了です。
冷水を浴びたりはダメですが、冷たい飲み物を飲んでも結構です。

【4】HSP入浴法の頻度
熱刺激タンパク質を増加させるHSP入浴法には即効性がなく、HSP入浴法の最大の効果が表れるのが2日後といわれていますので、「週2回」程度実践して頂くのが効果的です。
長く実践していくと常に熱刺激タンパク質が多い状態を維持できますので、少しずつ体質が改善されてくるかと思います。

【5】効果がでにくくなったら
継続していくと、身体を温めるという刺激に対して「耐性」が現れます。
1でお伝えしたHSP入浴法で体温が38度まで上がりにくくなったら、1~2週間、HSP入浴法をお休みして、再度、実践してみてください。

【6】注意事項
入浴で体温を上げると、思っている以上に体力を消耗し、心臓に思わぬ負担をかけてしまう事がありますので、HSP入浴法は週2回程度の目安で行ってください。
他にも、のぼせてふらついたり、血栓ができやすくなったり、熱中症になることもありますので十分にご注意ください。

上記のHSP入浴法で熱刺激タンパク質を増加させると様々な効果が期待できます。

≪熱刺激タンパク質の作用≫

【0】医学的・科学的な作用
熱刺激タンパク質は破壊されたタンパク質を修復したり、タンパク質の変性を抑制する機能があります。
卵の白身を加熱すると白く変色するのもタンパク質の変性なのですが、熱刺激タンパク質を加えた卵の白身を加熱しても、なかなか白く変色(変性)しないという実験結果もあります。
タンパク質というとわかりにくいかもしれませんが、皮膚も筋肉も内臓も、人体から水分を除くと、ほとんどがタンパク質で形成されていますので、熱刺激タンパク質の作用は人体にとってかなり重要といえます。

【1】美容効果
熱刺激タンパク質はコラーゲン生成にも大きく関わるので、シワの形成を抑制したり、後述の紫外線から細胞を保護する働きもありますので、シミの形成を抑制することもできるとされています。
また、破壊されたタンパク質の修復が活発になって基礎代謝が更新したり、入浴で発刊を促すことで老廃物を排泄して新陳代謝も高まるのでダイエット効果も加わります。

【2】健康効果
熱刺激タンパク質と入浴による体温め効果により、年齢や動脈硬化によって硬くなった血管が柔らかく若返ることが確かめられています。
また、熱刺激タンパク質には抗細胞死作用や抗炎症作用もあり、アルコールや紫外線などの種々のストレスに対して、細胞を保護することも報告されています。
更に、前述の破壊されたタンパク質の修復が活発になるという作用で怪我などの治癒も早まるといわれています。

【3】免疫up効果
熱刺激タンパク質はウィルスやガン細胞を攻撃する白血球に働きかけ、外敵を退治する能力を飛躍的にアップさせることが確かめられています。
アメリカではこの働きを利用してガン細胞を破壊する治療も行われています。
他にも、欧米諸国では「風邪をひくと風呂に入る」という習慣があるように、風邪の早期回復にも効果があるようです。

【4】その他の効果
熱刺激タンパク質が増えると疲労物質の乳酸の産生が遅くなって疲労しにくくなることに加え、入浴で身体が温まることでエンドルフィンという物質が出て、疲労や痛みも緩和します。
また、このHSP入浴法はうつ病などの治療にも用いられていますので、精神的に安定したり、行動力が向上して気持ちが前向きになるようです。

HSP入浴法には様々ないい効果がありますので、、熱刺激タンパク質を増やせば、肩こりや腰痛も改善するかもしれませんので、いつまでも『美しく』いつまでも『健康』に過ごせるよう、一度、挑戦してみてください。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事がお役にたちましたら、「いいね」や「ツイート」、「+1」してくれると励みになります。
LINEで送る
Pocket