熱中症予防・なぜ塩分を摂取しないとダメなのか!?

おはようございます。あんり治療院の藤井です。

今年の夏はとんでもなく暑いですね。
長く続く猛暑で体力が落ちてくると熱中症の危険はさらに高くなってきます。
今日、7月25日は「最高気温記念日」といわれてまして、まだまだ続く暑さに備えて熱中症予防「塩」についてお伝えします。

過去にも熱中症予防に付いてお伝えしてきました。

過去に配信した熱中症予防の記事

【参考記事】熱中症予防の基礎知識・気温と湿度にご用心
【参考記事】熱中症の予防には汗を蒸発させよう
【参考記事】熱中症予防・汗腺を活性化してサラサラ汗をかこう

今日はニュースでもよく言われている「塩も一緒に摂取しよう」ということについてお伝えします。

人体の水分の塩分濃度について

人体の血液や体液は『0.9%の塩分濃度』に保たれています。
1lのペットボトルに1000mlの水と10gの塩が入っているような状態とイメージしてください。

汗や尿で水分と塩分が一緒に排出されると、ペットボトルの中は500mlの水と5gの塩というような状態になります。
ここで水だけを500ml摂取すると1lの水と5gの塩という『0.5%の塩分濃度』になってしまうので、0.9%に保つために水をどんどん排出してしまい、500mlの水と5gの塩の状態に戻ってしまいます。
水だけを摂取していても脱水状態は改善しないというのはこういう人体のメカニズムによるものです。

では逆に塩を摂取しすぎるとどうなるのか…。
1lのペットボトルに1000mlの水と20gの塩という状態になったとします。
人体は0.9%の濃度に保とうとするため血管外の細胞などから水を集めてくるようになります。
そして1lしか入らないペットボトルに無理やり水を入れて、2lの水と20gの塩という0.9%に保とうとします。
ペットボトルが破裂しそうな水圧になりますが、血管内でこういう状態になることを『高血圧』といいます。
血圧が高い人は塩を獲りすぎるとダメですよぉ…というのはこういう理由からです。

水分と塩の摂取のバランスについて

水分と塩の摂取のポイントは、汗をたくさんかいている場合は水と塩を一緒に排出しているのでスポーツドリンクを飲むのが効果的です。
また、冷房の効いた部屋で汗をあまり書かない場合は塩はあまり排出していませんが、皮膚から水分が蒸発していたり、吐息で体内の水分を排出していたりと、知らず知らずのうちに水分が減っています。
こういう場合は塩をあまり排出していないのでスポーツドリンクを水で薄めて飲むと効果的です。
あくまで目安ですので、持病をお持ちの方は医師に相談の上で適切な水分と塩の摂取を心掛けてください。

美味しいお茶で水分摂取

最後に「美味しいお茶(緑茶)」で水分を摂取する方法をお伝えします。

緑茶は熱湯で入れる事が多いと思いますが、温度が高いほど「渋味」や「苦味」が増し、さらに利尿作用のある「カフェイン」も多く抽出されてしまいます。
緑茶そのものの「甘味」を楽しみ、利尿作用のあるカフェインを少なくする入れ方が『氷出し緑茶』です。

氷出し緑茶の作り方

きゅうすの底に茶葉を広げ、容器いっぱいまで氷を入れて溶けるまで放っておきます。
氷が解けたらきゅうすを軽く振ってください、キレイな緑色になって出来上がりです。

茶葉は氷出し緑茶専用のものもありますが、スーパーで売ってる普通の緑茶でも美味しくいただけます。
熱湯で入れると茶葉がすぐに開いてしまいますが、氷出し緑茶の方法だとすぐには茶葉が広がらないので1回分の茶葉で4回から5回ほど楽しめます。
透明の容器で作ると目で見ても楽しめます。

飲み終わったら氷を足す、飲み終わったら氷を足すというようにするとこまめに水分摂取ができますし、脱水症予防にも効果的なのでよければお試しください。

2013年の猛暑では全国で1000人以上の方が亡くなられています。
大阪は温度も湿度も高く、全国でトップレベルの熱中症棄権地域といわれていますので、しっかりと熱中症に備えてくださいね。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事がお役にたちましたら、「いいね」や「ツイート」、「+1」してくれると励みになります。
LINEで送る
Pocket