長女の習字(毛筆)が藤井寺市で入選しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今週はあいにくの天気で始まりましたが、藤井家は雲一つない晴天って感じです。

先週くらいだったか、兄ちゃんの長男が小学校で書いた絵が、藤井寺市の選考で入選したという話がありまして…。
それで、藤井寺市の1年生から6年生までの小学生の作品で入選したものが11月7日(土)と8日(日)に、藤井寺小学校の体育館に展示されてました。

藤井寺市の小学生の素晴らしい作品の展覧会みたいなものですね。

うちの母親は、そりゃ見に行かな!!ってことで張り切ってたんですが、土曜日はうちの長女の七五三で見に行けないので、昨日の午前中、兄ちゃんとこ家族と一緒に見に行ってました。

展覧会は、絵画部門と書道部門に分かれていたようで、兄ちゃんの長男の絵は、絵画部門の上の方にしっかりと展示されていたようです。

…で、書道部門にはどんな作品があるのか見てみたら…、うちの長女が夏休みの宿題で書いた毛筆が展示されていたみたいです(汗)

すぐに私のところに電話があり、うちの長女の作品が展示されてるぞぉ~!!って言われたんですが、長女は小学校の先生からそんなことは言われてなかったみたいなんです。
案内のプリントとかも、嫁さんは貰って内容で全く知りませんでした。

長女に、「上手やからみんなに見てもらえるように貼ってあるんやって!!」って言ったら…、『ふぅ~ん』ですって(汗)
イマイチ、ピンときてないみたいでしたね。

それでも、自分の書いた毛筆が展示されてると知って、わざわざ小雨の降る中、藤井寺小学校まで見に行ったみたいです。

私は仕事で見に行けなかったので、嫁さんに写真を撮って着てって頼んでたら撮影してきてくれました。

↓藤井寺市で入選した長女のひらがな毛筆「そら」の写真をパチリッ!!

長女が毛筆で書いたひらがな「そら」

私って親バカですねぇ…、いつもより大きいサイズの写真をアップしてみました(笑)

上手でしょ!?(←また親バカ?)

嫁さんのおばあちゃん、書道の先生でして、長女が3歳くらいから遊びで習字を習ってたんです。
うちの嫁さんも実は…、書道五段なんです!!(これホント)

兄ちゃんトコは絵画部門で入選、うちトコは書道部門で入選、なかなか素晴らしい藤井家でした。

そうそう、私が5年生くらいの時、夏休みの宿題で作った貯金箱が、大阪府の作品に入選したことがあるんですよ!!
返ってこなくなるけど、大阪府の展示会で飾りたいから貯金箱を提供してほしいって言われたんですが、私は断りました。

「旅行の思い出が詰まった貯金箱なので、返ってこないのは困ります」ってね。

カッコイイようにみえますけど、実はこの貯金箱、ほとんどを私のじいちゃんが作ってくれたんです(爆)

私のじいちゃん、伝統工芸士で唐木屋をしてて、和室のテーブルや茶箪笥なんかを作ってたんです。

そんなじいちゃんが作ってくれたものですから、私の名前で展示されたら恥ずかしいですからね(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ケロウ より:

    将来は、有望な藤池のお子チャまたちですなぁ

    修辞も継続が大事ですよね
    へぇ~奥様が書道五段とは、みかけによらないですなぁ(笑)

    その点字された修辞は、藤井家の下方として
    大事に保管しとかないといけないですよね

    • りゅうさん より:

      そうですよねぇ、これからも継続して習字を習って、将来は、ケロウさんの香典袋に私の名前を書いてもらわないとね。

      でも意外でしょ?
      うちの嫁さんが書道五段なんて(笑)

      五段になると、書道用の名前を貰えるんですって。
      最近は見えなくなって、文字のバランスが分からなくなってかけないらしいですけどね(汗)