スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノート・テスト科目一覧
ブログランキング
★にほんブログ村」のランキングに参加中!!
このサイトが役にたったら、1日1クリックの応援をお願いします。

病理学テスト「ひたすら」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

1.疾患の分類について誤っているのはどれか。
 1.急性と慢性
 2.先天性と続発性
 3.器質的と機能的
 4.限局性と全身性

解答: 2

2.誤っているのはどれか。
 1.貧血性梗塞は心臓には起こりにくい。
 2.肺の出血性梗塞は肺動脈の塞栓症が主な原因である。
 3.播種性血管内凝固症(DIC)では全身の細血管に血栓が
   形成される。
 4.脳軟化症は梗塞の結果である。

解答: 1

3.誤っている組合わせはどれか。
 1.ツベルクリン反応 …… 結核
 2.拒絶反応 …… 異型臓器移植
 3.免疫グロブリン …… 細胞性免疫
 4.自己免疫疾患 …… 橋本病

解答: 3

4.誤っている組合わせはどれか。
 1.血栓形成 …… 血液凝固亢進
 2.脳出血 …… 動脈破綻
 3.脳軟化 …… 動脈閉塞
 4.血友病 …… 第5凝固因子欠如

解答: 4

5.誤っている組合わせはどれか。
 1.線維素性炎 …… 偽膜形成
 2.漿液性炎 …… 膿瘍
 3.梅毒 …… ゴム腫
 4.脊椎カリエス …… 冷膿瘍

解答: 2

6.非上皮性腫瘍に属するのはどれか。
 1.乳頭腫
 2.腺腫
 3.腺癌
 4.線維腫

解答: 4

7.悪性腫瘍について正しいのはどれか。
 1.増殖が遅い。
 2.転移する。
 3.膨張性発育をする。
 4.異型性が弱い。

解答: 2

8.原因と結果との組合せで誤っているのはどれか。
 1.肝硬変症   …… 腹水
 2.冠状動脈閉塞 …… 心筋梗塞
 3.凝固因子欠除 …… 血栓形成
 4.胃切除    …… 貧血

解答: 3

9.病原体と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
 1.ウイルス  …… 成人T細胞白血病
 2.細菌    …… 結核
 3.リケッチア …… 破傷風
 4.原虫    …… マラリア

解答: 3

10.免疫について誤っている組合せはどれか。
 1.免疫学的記憶  …… 免疫二次反応
 2.細胞性免疫   …… 結核
 3.先天性免疫不全 …… エイズ
 4.Ⅰ型アレルギー …… 気管支喘息

解答: 3

11.高齢者に多い疾患はどれか。
 1.胸腺肥大
 2.骨粗しょう症
 3.骨肉腫
 4.アデノイド増殖症

解答: 2

12.再生の最も盛んな組織はどれか。
 1.赤色骨髄
 2.心筋
 3.神経
 4.平滑筋

解答: 1

13.腫瘍について正しい記述はどれか。
 1.非上皮性腫瘍は蜂巣構造を示す。
 2.上皮性腫瘍は実質と間質との境界が不鮮明である。
 3.悪性腫瘍は異型性が強い。
 4.良性腫瘍は浸潤性に発育する。

解答: 3

14.胎児の異常と原因との組合せで正しいのはどれか。
 1.ターナー症候群 …… 常染色体異常
 2.胎児性水俣病 …… 無機水銀
 3.クラインフェルター症候群 …… ウイルス感染
 4.アザラシ肢症 …… サリドマイド

解答: 4

15.骨のカルシウム代謝に関与しない物質はどれか。
 1.ビタミンD
 2.有機水銀
 3.りん酸塩
 4.上皮小体ホルモン

解答: 2

16.塞栓症について誤っている組合せはどれか。
 1.心弁膜症 …… 脳の血栓性塞栓
 2.外傷性複雑骨折 …… 肺の脂肪性塞栓
 3.スキューバダイビング …… 脳のガス塞栓
 4.大腿静脈血栓 …… 肝臓の血栓性塞栓

解答: 4

17.最も成功率の低い移植はどれか。
 1.自家移植
 2.同系移植
 3.同種移植
 4.異種移植

解答: 4

18.炎症の分類について適切でない組合せはどれか。
 1.火傷 …… 漿液性炎
 2.結核 …… 変質性炎
 3.暴飲暴食 …… カタル性炎
 4.ブドウ球菌感染症 …… 化膿性炎

解答: 2

19.腫瘍について正しい記述はどれか。
 1.線維腫は悪性非上皮性腫瘍である。
 2.乳頭腫は良性非上皮性腫瘍である。
 3.血管肉腫は悪性上皮性腫瘍である。
 4.腺腫は良性上皮性腫瘍である。

解答: 4

20.アレルギー反応の型について正しい組合せはどれか。
 1.Ⅰ型反応 …… アナフィラキシー型
 2.Ⅱ型反応 …… アルサス型
 3.Ⅲ型反応 …… 細胞免疫型
 4.Ⅳ型反応 …… 細胞障害型

解答: 1

21.疾患と染色体異常との組合せで正しいのはどれか。
 1.クラインフェルター症候群 …… XO
 2.ターナー症候群 …… XXY
 3.慢性骨髄性白血病 …… フィラデルフィア染色体
 4.ダウン症候群 …… G22トリソミー

解答: 3

22.右心室肥大をきたす疾患はどれか。
 1.肺性心
 2.大動脈弁狭窄
 3.大動脈弁閉鎖不全
 4.高血圧症

解答: 1

23.溶血性黄疸の原因として最も適切なのはどれか。
 1.肝炎
 2.胆石
 3.血液型不適合輸血
 4.先天性胆道閉塞症

解答: 3

24.腹水が滲出液となる疾病はどれか。
 1.肝硬変
 2.右心不全
 3.ネフローゼ症侯群
 4.腹膜炎

解答: 4

25.結核結節でみられないのはどれか。
 1.リード・ステルンベルグ巨細胞
 2.類上皮細胞
 3.リンパ球
 4.乾酪壊死

解答: 1

26.免疫とアレルギーとに共通しない記述はどれか。
 1.二度目の暴露によって起こる。
 2.特定の抗原に対して反応する。
 3.リンパ球が主役である。
 4.死に至る現象である。

解答: 4

27.腫瘍に属さないのはどれか。
 1.腺腫
 2.カルチノイド
 3.肉芽腫
 4.ホジキン病

解答: 3

28.ウイルスが原因となる腫瘍はどれか。
 1.ウィルムス腫瘍
 2.成人T細胞白血病
 3.移行上皮癌
 4.ユーイング肉腫

解答: 2

29.リケッチアが原因で起こる疾患はどれか。
 1.マラリア
 2.エイズ
 3.ワイル病
 4.ツツガムシ病

解答: 4

30.貧血とその原因との組合せで誤っているのはどれか。
 1.悪性貧血 …… ビタミンC欠乏
 2.鉄欠乏牲貧血 …… 月経過多症
 3.再生不良性貧血 …… 原爆症
 4.溶血性貧血 …… Rh血液型不適合

解答: 1

31.動脈粥状硬化症の誘因として適切でないのはどれか。
 1.高脂血症
 2.多血症
 3.糖尿病
 4.高血圧症

解答: 2

32.マクロファージの役割で正しいのはどれか。
 1.自己・非自己の認識
 2.抗原情報の提示
 3.免疫グロブリンの産生
 4.リンホカインの放出

解答: 2

33.生理的再生を示す組織はどれか。
 1.結合組織
 2.神経膠組織
 3.腸粘膜上皮
 4.毛細血管

解答: 3

34.腫瘍とその好発部位との組合せで正しいのはどれか。
 1.嚢胞腺腫 …… 卵巣
 2.乳頭腫 …… 肝臓
 3.扁平上皮癌 …… 大腸
 4.腺癌 …… 膀胱

解答: 1

35.上皮内癌が発生する部位はどれか。
 1.胃
 2.結腸
 3.胆嚢
 4.子宮腟部

解答: 4

36.刺鍼により感染する危険のない疾患はどれか。
 1.A型肝炎
 2.B型肝炎
 3.C型肝炎
 4.エイズ

解答: 1

37.少量でも生体に強い毒性を有する金属はどれか。
 1.鉄
 2.銅
 3.水銀
 4.亜鉛

解答: 3

38.痛風について誤っている記述はどれか。
 1.中高年の男性に多く発症する。
 2.蓚酸塩結晶の沈着によって起こる。
 3.関節や腱鞘の滑膜に肉芽腫を作る。
 4.発作性の激しい痛みを伴う。

解答: 2

39.左心室肥大をきたすのはどれか。
 1.肺性心
 2.僧帽弁狭窄
 3.肺動脈弁狭窄
 4.大動脈弁狭窄

解答: 4

40.免疫反応の特徴として適切でないのはどれか。
 1.自己と非自己の識別
 2.抗原の記憶
 3.主役はBリンパ球
 4.抗原抗体結合の特異性

解答: 3

41.腫瘍とその好発部位との組合せで誤っているのはどれか。
 1.乳頭腫   …… 膀胱
 2.腺腫   …… 大腸
 3.横紋筋腫 …… 子宮
 4.脂肪腫  …… 皮下組織

解答: 3

42.遺伝する疾患はどれか。
 1.ダウン症候群
 2.進行性筋ジストロフィー症
 3.猫鳴き症候群
 4.アザラシ肢症

解答: 2

43.病原微生物と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
 1.クラミジア  …… オウム病
 2.リケッチア  …… マラリア
 3.スピロヘータ …… ワイル病
 4.原虫     …… ニューモシスチス・カリニ肺炎

解答: 2

44.アミロイドの沈着する原疾患として適切でないのはどれか。
 1.アルツハイマー病
 2.骨髄腫
 3.間質性肺炎
 4.慢性関節リウマチ

解答: 3

45.神経組織の再生について正しい記述はどれか。
 1.神経細胞には再生能力がない。
 2.神経膠細胞には再生能力がない。
 3.末梢神経の軸索は伸長しない。
 4.シュワン細胞は再生しない。

解答: 1

46.黒色の下血をきたした患者がいる。原因疾患はどれか。
 1.直腸癌
 2.潰瘍性大腸炎
 3.虫垂炎
 4.胃・十二指腸潰瘍

解答: 4

47.連鎖球菌に汚染した鍼が皮下組織に及んだ場合に
  起こりやすい化膿性炎はどれか。
 1.寒性膿瘍
 2.蜂窩織炎(蜂巣織炎)
 3.膿性カタル
 4.膿疱

解答: 2

48.腺癌の好発部位として誤っているのはどれか。
 1.肺
 2.胃
 3.結腸
 4.子宮膣部

解答: 4

49.胃癌の転移と関係ないのはどれか。
 1.クルーケンベルグ
 2.リード・ステルンベルグ
 3.シュニッツラー
 4.ウィルヒョウ

解答: 2

50.熱傷による作用として誤っているのはどれか。
 1.蛋白質の凝固
 2.細胞膜の崩壊
 3.酵素の活性化障害
 4.DNAの溶解

解答: 4

51.肺の脂肪塞栓症の原因とならないのはどれか。
 1.早期胎盤剥離
 2.大腿骨骨折
 3.肥満体の腹部手術
 4.交通事故による挫滅

解答: 1

52.糖尿病合併症の中で細小血管障害によらないのはどれか。
 1.腎症
 2.白内障
 3.網膜症
 4.ニューロパチー

解答: 2

53.結核菌について誤っている記述はどれか。
 1.結核菌に感染した者はすべて発症する。
 2.幼児と老人の結核は全身散布されやすい。
 3.結核菌はマクロファージ内でも分裂増殖する。
 4.結核菌に対する免疫反応はTリンパ球が主体である。

解答: 1

54.エイズについて正しい記述はどれか。
 1.飛沫感染する。
 2.病原体はヘルペスウイルスである。
 3.好中球の極度の減少が主な病変である。
 4.死因は日和見感染が主である。

解答: 4

55.瘢痕組織の主体を占めるのはどれか。
 1.毛細血管
 2.膠原線維
 3.遊走細胞
 4.再生上皮

解答: 2

56.腫瘍の間質について誤っている記述はどれか。
 1.肝細胞癌の間質は毛細血管からなる。
 2.硬性癌には膠原線維が多い。
 3.肉腫では腫瘍細胞と間質の境界が明瞭である。
 4.浸潤性発育を示すのは悪性腫瘍である。

解答: 3

57.原因疾患とその続発症との組合せで適切でないのはどれか。
 1.糖尿病   …… 網膜症
 2.動脈硬化症 …… 心筋梗塞
 3.高血圧症  …… 脳出血
 4.扁桃炎   …… 慢性関節リウマチ

解答: 4

58.鼡径部から腹壁を上行性に静脈の怒張がみられた。
  閉塞がある血管はどれか。
 1.肝静脈
 2.腎静脈
 3.門脈
 4.下大静脈

解答: 4

59.脳血栓の溶解療法は発生後3時間を過ぎると危険を伴うという。
  考えられる理由の中で適切でないのはどれか。
 1.一度酸素欠乏に陥っていた脳血管が破れて出血する。
 2.好中球が動員されて脳の損傷が進む。
 3.血栓形成が更に進む。
 4.脳浮腫が進んで脳圧が亢進する。

解答: 3

60.炎症担当細胞とその分泌する物質との組合せで
  誤っているのはどれか。
 1.マスト細胞 …… ヒスタミン
 2.好中球   …… ライソゾーム(リソソーム)酵素
 3.単球    …… 免疫グロブリン
 4.Tリンパ球 …… リンホカイン

解答: 3

61.組織内異物処理について誤っている組合せはどれか。
 1.炭粉    …… 貪食
 2.ナイロン糸 …… 融解
 3.折れた鍼  …… 被包
 4.血栓    …… 器質化

解答: 2

62.骨の再生に必要な元素はどれか。
 1.リン
 2.鉄
 3.カリウム
 4.銅

解答: 1

63.ウイルスが関与しない腫瘍はどれか。
 1.腎癌
 2.肝細胞癌
 3.成人T細胞白血病
 4.バーキットリンパ腫

解答: 1

64.常染色体優性遺伝について誤っているのはどれか。
 1.子供に疾患が出現する確率は50%である。
 2.どの世代にも患者が出現する。
 3.男女同数に発症する。
 4.保因者がみられる。

解答: 4

65.ヒトの植物状態として適切でない記述はどれか。
 1.自発呼吸がある。
 2.経管栄養が必要である。
 3.大脳の高次機能が失われている。
 4.脳波が平坦化している。

解答: 4

66.Ⅰ型(インスリン依存型)糖尿病の特徴として
  適切でないのはどれか。
 1.インスリン分泌が不足している。
 2.自己免疫によるものが多い。
 3.肥満型が大部分を占める。
 4.日本人には少ない。

解答: 3

67.女性の全身に紫斑が発生した時に考えられる疾病として
  適切でないのはどれか。
 1.特発性血小板減少性紫斑病
 2.血友病
 3.敗血症
 4.アレルギー性紫斑病

解答: 2

68.急性炎症の際、好中球が血管外に遊走するのに
  必要な要件でないのはどれか。
 1.細胞接着分子の活性化
 2.血栓の形成
 3.血流の減速
 4.サイトカインの放出

解答: 2

69.化生について誤っているのはどれか。
 1.腫瘍性変化
 2.組織適応
 3.上皮間変化
 4.形態変化

解答: 1

70.肝臓の悪性腫瘍で誤っている記述はどれか。
 1.転移性腫瘍が多い。
 2.原発性腫瘍の大部分は肝細胞癌である。
 3.中心性壊死は肝細胞癌の特徴である。
 4.日本人の肝細胞癌の大部分はC型肝炎ウイルスの
   持続感染がある。

解答: 3

71.年齢素因がみられるのはどれか。
 1.結核
 2.水痘
 3.赤痢
 4.腸チフス

解答: 2

72.創傷治癒を最も抑制するのはどれか。
 1.解熱薬
 2.抗菌薬
 3.向精神薬
 4.副腎皮質ステロイド薬

解答: 4

73.骨髄移植後のGVHD(移植片対宿主病)で
  宿主を攻撃する細胞はどれか。
 1.好中球
 2.B細胞
 3.T細胞
 4.形質細胞

解答: 3

74.喀血の出血部位はどれか。
 1.鼻腔
 2.咽頭
 3.喉頭
 4.気管支

解答: 4

75.二次性高血圧症に関与しない疾患はどれか。
 1.急性糸球体腎炎
 2.甲状腺機能亢進症
 3.急性肝炎
 4.褐色細胞腫

解答: 3

76.感染症を引き起こす寄生体のうち生きた細胞内でのみ
  増殖するのはどれか。
 1.ウイルス
 2.細菌
 3.原虫
 4.真菌

解答: 1

77.組織学的悪性度の評価で重要憧が最も低いのはどれか。
 1.成熟度
 2.間質量
 3.核分裂像
 4.核異型

解答: 2

78.誤っている組合せはどれか。
 1.痛風       …… 尿酸
 2.黄疸       …… ビリルビン
 3.アミロイドーシス …… ヘモジデリン
 4.ゴーシェ病    …… 類脂質

解答: 3

79.高齢者における疾患の特徴で誤っているのはどれか。
 1.恒常性維持に異常をきたしやすい。
 2.定型的な経過を呈しやすい。
 3.慢性化しやすい。
 4.精神症状を呈しやすい。

解答: 2

80.踵の足底面中央への米粒大の透熱灸で、熱傷害が
  瘢痕を形成するのに最も関与するのはどれか。
 1.表皮
 2.真皮表層
 3.真皮深層
 4.皮下組織

解答: 4

81.慢性炎症に最も関係の深い組織変化はどれか。
 1.血管拡張
 2.好中球浸潤
 3.滲出性変化
 4.肉芽組織形成

解答: 4

82.アレルギーの型と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
 1.Ⅰ型 …… 花粉症
 2.Ⅱ型 …… じんま疹
 3.Ⅲ型 …… 糸球体腎炎
 4.Ⅳ型 …… 接触性皮膚炎

解答: 2

83.心疾患で関連の少ない組合せはどれか。
 1.心室中隔欠損 …… 左心室肥大
 2.心不全    …… 肺水腫
 3.狭心症    …… 冠動脈硬化症
 4.心筋炎    …… 高安病(脈なし病)

解答: 4

84.腫瘍の壊死によって引き起こされる病態はどれか。
 1.発熱
 2.悪液質
 3.免疫異常
 4.内分泌異常

解答: 1





スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.