スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノート・テスト科目一覧
ブログランキング
★にほんブログ村」のランキングに参加中!!
このサイトが役にたったら、1日1クリックの応援をお願いします。

衛生学ノート01「衛生学および公衆衛生学の意義」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

3.公衆衛生学
■1)公衆衛生の定義
・ウィンスローの定義
組織化された地域社会の努力によって疾病を予防し、生命を延長し、肉体的ならびに精神的機能を増進するための科学、及び学問である

4.衛生・公衆衛生の意義
・第1次予防:病気にならないようにする(生活習慣の改善、予防接種など)
・第2次予防:疾病を積極的に見つけ出す(健康診査など)
・第3次予防:リハビリテーション

B.衛生・公衆衛生の発達
1.衛生・公衆衛生の起こり
・ヒポクラテス
食事、休養、新鮮な空気、マッサージ、入浴で治療
焼却によって疫病の広がりを防ぎ
煮沸膵で術者の手や傷口を消毒
2.衛生・公衆衛生の始まり
3.現代の衛生・公衆衛生
・1948年にWHO設立
・1978年にWHOはプライマリーヘルスケアを索性
・1980年、天然痘の撲滅宣言

4.わが国の衛生・公衆衛生
・憲法第25条
「すべて、国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」
「国はすべての生活部門について、社会福祉及び公衆衛生の向上及び増進に勤めなければならない」
・「健康日本21」(国民健康づくりのスローガン)





スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.