スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノート・テスト科目一覧
ブログランキング
★にほんブログ村」のランキングに参加中!!
このサイトが役にたったら、1日1クリックの応援をお願いします。

衛生学ノート05「精神保健」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

A.精神保健
1.精神保健の意義
■1)意義
・受療率は三大生活習慣病よりも多い
・精神保健福祉法によって規定されている
1)精神保健の目的と区分
・目的について読んでおく
2)精神的健康の維持と向上
2.精神の健康
■1)生活者としての精神保健
■2)欲求不満
■3)適応障害
・登校拒否、出勤拒否
■4)非行と犯罪

3.精神障害者の分類
・精神障害者の定義(精神保健福祉法による)
精神分裂病、精神作用物質による急性中毒または依存症性、知的障害、精神病質、その他の精神疾患を有する者
■1)主な精神障害
・主な精神病の種類
精神分裂病
気分(感情)障害(躁うつ病)
てんかん
精神遅滞
アルコール依存症
心身症
神経症
老年性痴呆
・最も患者が多い精神病
精神分裂病
(次いでそううつ病)
・精神遅滞者は人口の約5%を占める

1)アルコール依存症
・日本では増加傾向にある
・アルコールによる障害3種
社会的障害、身体的障害、アルコール性肝疾患
2)老年性痴呆
・痴呆の分類
脳血管性痴呆
アルツハイマー型痴呆
・それぞれの痴呆の好発性別
脳血管性:男性が多い
アルツハイマー型:女性に多い
・80歳以上の人口に占める痴呆者の比率
20%

4.精神障害者
■1)精神障害の現況
・入院患者は減少傾向にあり、通院者が増えている
・入院で多い精神病
精神分裂病、痴呆、気分障害
・通院で多い精神病
精神分裂病、神経症性障害、気分障害

■2)精神障害者対策
・行政における精神障害者担当機関
都道府県精神保健複視センター
保健所
1)遺伝的対策
2)身体的、精神的対策

■資料9)
・入院の形体の種類
任意入院
医療保護入院
措置入院
・医療保護入院とは
保護者の同意がある場合、指定医の判断がある場合
・措置入院とは
自傷、他害の危険があり、二名の指定医の診断を受け、精神障害者であるとの同意を得た場合
住民の申請や警察官の通報によって

3)精神障害者に対する対策の現況
・地域における精神障害者対策の第一線器官
保健所
・保健所に対して指導、技術援助を行う機関
精神保健センター
・本人の申請によって発酵される手帳
精神障害者保健福祉手帳
・医療機関や保健所で相談、助言、訓練を行う人(国家資格)
精神保健福祉士
・保健所などで精神保健複視業務にあたる人(知事や市長が任命)
精神複視相談員

(1)保健所
(2)精神保健センター
(3)社会復帰
・社会復帰のための施設の
精神障害者生活訓練施設
精神障害者授産施設
デイケア施設など

4)医療費
・精神障害による入院の医療費
全額公費負担(国、都道府県が半分ずつ)
・精神障害による通院の医療費
半額公費負担(国、都道府県が4分の1ずつ)





スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.