スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノート・テスト科目一覧
ブログランキング
★にほんブログ村」のランキングに参加中!!
このサイトが役にたったら、1日1クリックの応援をお願いします。

リハビリ医学テスト「穴埋め問題」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

1学期中間 穴埋め
2001年5月にWHO総会で、1980年のWHO国際障害分類(ICIDH)の
改訂版である国際生活機能分類(  )が正式に採択された。

 解答 ICF

生活機能分類では健康に問題があれば身体機能と(  )、活動、
(  )のいずれかの次元に制約や制限が生じるととらえている

 解答 構造 参加

ICICHでは「社会的不利」という用語が、新しい分類では
(  )に変わった

 解答 参加

近代リハビリテーションの体系を築いた(  )は、 
「積極的にリハビリテーションを行う(  )よりも
安静にしておく (  )の方が大きい」と述べている

 解答 ラスク リスク リスク

1969年スウェーデンで(  )の理念が提唱された
これは知的障害者の生活パターンを一般の人に近づけようと
する運動であった

 解答 ノーマライゼーション

1981年の国際障害者年の目的であった(  )と平等という
 理念に相通ずるものである

 解答 完全参加

我が国では1920年代から高木憲次によって肢体不自由児
の(  )という概念が提唱された

 解答 療育の父

リハビリテーション医学は第(  )の医学といわれている

 解答 第3次医学

リハビリテーションは基本的には評価(  )、(  )、
治療プログラムの設定、再評価、退院および(  )という
流れで行う

 解答 評価会議 ゴールの設定 アフターケア

社会的リハビリテーションは心理的なサポート、経済的な
サポート、施設入所などの社会的(  )の有効利用の
ための情報提供が重要な点である

 解答 資源

理学療法士は(  )ともいい、物理療法と(  )
訓練を施す

 解答 PT 運動

作業療法士は(  )ともいい(  )の作業と応用的な
動作の訓練を施すものである

 解答 OT 上肢

医学的リハビリテーションを行うには多くの専門職が
必要である、各職種間の治療方針の一貫性や効果的な治療の
ためには(  )が必要である

 解答 チームアプローチ

医学的リハビリテーションでは(  )がチームリーダー
となる

 解答 医師

リハビリテーション医学の考え方は従来の(  )医学とは
異なり1910年代の(  )世界大戦の際の傷病兵への対応
から始まった
 
 解答 第一次

IL運動とは1970年代の初めアメリカから始まった
(  )運動のことである

 解答 自立生活運動

義肢や装具を製作し適合を図る専門職は(  )である

 解答 義肢装具士

臨床心理士は(  )学と(  )医学の中核に位置している
分野を受け持つ

 解答 心理学 精神

社会的リハビリテーションのスタッフである(  )は
介護サービス計画の作成に携わる

 解答 ケアーマネージャ

1977年リハビリテーションを専門に行う医師としての
(  )制度が発足した

 解答 リハビリテーション専門医

小児のリハビリテーション対象疾患で脊椎骨が先天的に
形成不全となる疾患は(  )である

 解答 二分脊椎

1学期期末
高次脳機能は脳の統合的機能でその障害は代表的なものとして
失語症・(  )・(  )がある

 解答 失認症 失行症

記録には4つの条件すなわち一貫性・客観性・(  )・(  )
が必要である

 解答 正確性 正直性

心疾患などの急性期のリハビリテーションは基礎疾患から
誘発される(  )に注意が必要である

 解答 合併症 

回復期のリハビリテーションで全身状態が安定し
ベット上で(  )分坐位が取れるようになったら
病室での訓練と平行して(  )でのリハビリテーションを
開始する

 解答30 訓練室

維持期のリハビリテーションにおいて高齢者で家庭介護が
困難時は特別(  )や(  )施設への入所が選択される

 解答 養護老人ホーム 養護保健

患者の障害の状態を診断(  )し必要な医学的措置をすると共に
他のリハビリテーションスタッフに対して治療(  )に沿った
処方をする

 解答 評価 方針(計画)

医学的リハビリテーションの流れの中で短期ゴールは
(  )ヶ月先のものであり。また患者のニーズも配慮し
達成(  )なものが大切である

 解答 1・2 可能

カルテは平均的には(  )年間保存するのが望ましい

 解答 5

(  )テストは正常な乳幼児がその年齢に達するとできるように
なる動作や行動と比較するものである

 解答 運動年齢(運動発達)

ROMテストの目的の中に治療法の示唆と治療(  )の
判定がある

 解答 効果

筋の収縮はMMTで筋収縮はまったく認められない
時の評価は0または(  )である

 解答 Z

上肢長は肩峰から(  )までの長さを測定する 

 解答 橈骨茎状突起

閉眼起立テストは(  )ともいい、脊髄性運動失調では
バランスが崩れる

 解答 ロンベルグ

ADL評価法の中で最もよく用いられているのは(  )
機能的自立である

 解答 バーセルインデックス

二軸性で関節である第1手根中手関節は(  )関節である

 解答 鞍関節

2学期中間
歩行速度が速くなると二重指示器は( )またに重視時期が
ゼロになると( )になる

 解答 少なくなる、走行

立脚期の中で全体重がその足にかかった時期を( )という

 解答 立脚中期

遊脚期と立脚期との時間の割合は( )である

 解答 4対6または2対3

膝伸展拘縮の場合、遊脚期に以上歩行として( )がみられる

 解答 分回し歩行

小児の重心の位置は大人と比べて( )また筋力も十分発達して
いないため安定性が悪い

 解答 高く

殿筋の中で( )は片足で立ったとき骨盤を水平に保つ働きがある

 解答 中殿筋

脚長差が( )cm以内であれば異常歩行は目立たない

 解答 3

脳卒中片麻痺では最初( )麻痺を示すが次第に( )麻痺に移行する

 解答 弛緩性、痙性

片麻痺の合併症で関節拘縮があるが、上肢は( )位、
側部は( )となることが多い

 解答 屈曲、尖足

感覚性失語症は( )にある言語中枢が傷害されたためにおこり
( )は正常でも人の話は理解できない

 解答 側頭葉、聴覚

脳性麻痺の強剛型は緊張が強く関節を他動的に動かすと
( )現象や( )現象がみられる

 解答 鉛管・歯車

脳性麻痺の理学療法はポイター法や( )など( )的立場で実施
されている

 解答 ボバーズ法、神経生理学

脊髄の完全黄疸性損傷を受けると全反射が消失し尿閉となる。
この時期を( )期という

 解答 脊髄ショック

第( )頸髄より上の損傷で人工呼吸器によらなければ生存できない

 解答 3

医学的リハビリテーションにおいては( )がチームリーダーである

 解答 医師

失認症・失行症は( )障害として診断される

 解答 高次脳機能

開腹器のリハビリテーションではベッド上で30分程度( )が
取れるようになったら病室とともに訓練室でのリハビリテーション
を始める

 解答 坐位





スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.