スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノート・テスト科目一覧
ブログランキング
★にほんブログ村」のランキングに参加中!!
このサイトが役にたったら、1日1クリックの応援をお願いします。

リハビリ医学テスト「ひたすら」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

1.運動障害の評価法で正しいのはどれか。
 1.足関節の基本肢位を90°とするのは誤りである。
 2.徒手筋力テストは4段階評価法である。
 3.ブルンストロームのステージは末梢性麻痺に対する
   評価段階である。
 4.長谷川式スケールは関節可動域の評価法である。

解答: 1

2.正常歩行の周期について誤っているのはどれか。
 1.歩行周期には立脚期と遊脚期とがある。
 2.立脚中期には全体重が一方の足にかかる。
 3.立脚期と遊脚期の時間的割合は6対4である。
 4.両足が遊脚期になる時がある。

解答: 4

3.筋収縮について誤っているのはどれか。
 1.求心性収縮とは張力を発生しながら筋肉の長さが
   短くなること。
 2.遠心性収縮とは張力発生の一方で筋肉の長さが長くなること。
 3.等尺性収縮とは張力を発生するが筋肉の長さは
   変わらないこと。
 4.等張性収縮とは筋肉の長さの変化に応じて
   張力が等しく発生すること。

解答: 4

4.誤っているのはどれか。
 1.超音波療法は一種の温熱療法である。
 2.紫外線療法は紫外線の化学作用を利用している。
 3.低周波療法は低周波の温熱作用を利用している。
 4.水治療法は水の温度、浮力、抵抗などを利用する療法である。

解答: 3

5.慢性関節リウマチの理学療法で正しいのはどれか。
 1.急性増悪期にも安静は不要である。
 2.スプリントを使う場合は自動運動を終日禁じる。
 3.慢性期には変形予防が必要である。
 4.筋力強化は行わない。

解答: 3

6.脳血管障害で誤っているのはどれか。
 1.弛緩性麻痺に始まり次第に痙性麻痺になることが多い。
 2.失語症は発声器官の麻痺による。
 3.知覚および視覚に障害のない失認症がある。
 4.拘縮の予防または治療のために関節可動域訓練が必要である。

解答: 2

7.脳性麻痺で誤っているのはどれか。
 1.単なる運動麻痺ではなく運動発達障害の要素が多い。
 2.最初は筋緊張が低く次第に異常筋緊張を示すことが多い。
 3.四肢麻痺であるから訓練が難しい。
 4.けいれんのコントロールが大切である。

解答: 3

8.脊髄損傷患者の訓練で正しいのはどれか。
 1.起立時に血圧があがりやすいので注意する。
 2.頚髄損傷ではベッドと車椅子との移乗動作は無理である。
 3.自動車の運転は勧められない。
 4.腰髄損傷では歩行訓練ができる。

解答: 4

9.慢性閉塞性肺疾患の訓練法として誤っているのはどれか。
 1.腹式呼吸
 2.口ひろげ呼吸
 3.排痰訓練
 4.全身調整運動

解答: 2

10.手の内在筋はどれか。
 1.浅指屈筋
 2.深指屈筋
 3.指伸筋
 4.虫様筋

解答: 4

11.運動療法について正しい記述はどれか。
 1.フレンケル体操は慢性関節リウマチのための体操である。
 2.等尺性運動は等張性運動より筋力増強効果が大きい。
 3.運動によって肺活量は増強しない。
 4.松葉杖は片麻痺の歩行訓練に適している。

解答: 2

12.言語障害について誤っている組合せはどれか。
 1.運動性失語症 …… ブローカの中枢
 2.感覚性失語症 …… ウエルニッケの中枢
 3.構音障害   …… 体性感覚野
 4.失語症    …… 左側大脳半球損傷

解答: 3

13.脳卒中後片麻痺について正しい記述はどれか。
 1.片麻痺からは骨粗しょう症にならない。
 2.麻痺の程度と排尿障害の程度とは無関係である。
 3.痙性の出現によって内反尖足が起こる。
 4.関節可動域訓練によって肩関節の亜脱臼が起こりやすい。

解答: 3

14.脳性麻痺について誤っている記述はどれか。
 1.けいれん発作のコントロールが必要である。
 2.精神発達遅滞と麻痺の程度は無関係である。
 3.訓練法としてボバース法、ボイタ法などがある。
 4.訓練は学齢期から開始する。

解答: 4

15.脊髄損傷について誤っている記述はどれか。
 1.褥瘡の予防が必要である。
 2.プッシュアップ訓練が必要である。
 3.尿路管理が必要である。
 4.頚髄損傷では大振り歩行訓練が必要である。

解答: 4

16.心疾患の運動負荷試験について誤っている記述はどれか。
 1.マスター2階段法は段差を次第に高くする。
 2.トレッドミルはベルトの傾斜やスピードを変化させる。
 3.自転車エルゴメーターは運動量をワット単位で表示できる。
 4.負荷が過大になれば心電図異常が出現しやすい。

解答: 1

17.運動の強度メッツ(METS)について正しい組合せはどれか。
 1.散歩 …… 1~2
 2.ボーリング …… 2~4
 3.ジョギング …… 5~6
 4.登山 …… 7~8

解答: 2

18.コルセットの作製に関与しない職種はどれか。
 1.理学療法士
 2.作業療法士
 3.義肢装具士
 4.臨床工学技士

解答: 4

19.関節運動が重力に抗して全可動域にわたり可能となる
  最小の筋力はどれか。
 1.筋力1
 2.筋力2
 3.筋力3
 4.筋力4

解答: 3

20.異常歩行について正しい記述はどれか。
 1.脚長差が3cm以内であれば異常は目立たない。
 2.疼痛性跛行では患側の立脚相の時間が長くなる。
 3.脳卒中片麻痺では足の内側から接地する。
 4.小きざみ歩行は筋ジストロフィー症にみられる。

解答: 1

21.脳卒中後遺症について正しい記述はどれか。
 1.左片麻痺に失語症が起こる。
 2.右片麻痺に失認症が起こる。
 3.麻痺側肩関節に亜脱臼が起こる。
 4.発症初期から強い痙性麻痺が起こる。

解答: 3

22.脳卒中患者の背臥位における良肢位保持について
  正しい記述はどれか。
 1.マットレスは柔らかいものとする。
 2.肩甲帯を後方に引く。
 3.股関節は内旋外旋中間位とする。
 4.足関節は底屈位とする。

解答: 3

23.上位胸髄の脊髄損傷患者の訓練として適切でないのはどれか。
 1.プッシュアップ
 2.キャスター上げ
 3.移乗動作
 4.四点歩行

解答: 4

24.大腿切断について誤っている記述はどれか。
 1.閉塞性動脈硬化症が原因となる。
 2.実用的義足歩行が可能である。
 3.断端浮腫は義足装着の障害となる。
 4.幻肢感覚は日常生活動作の障害となる。

解答: 4

25.障害と対応との組合せで正しいのはどれか。
 1.能力低下 …… 麻痺肢の筋力回復訓練
 2.能力低下 …… 装具の処方
 3.機能・形態障害 …… 家屋改造指導
 4.機能・形態障害 …… ADL訓練

解答: 2

26.歩行周期の遊脚相に含まれるのはどれか。
 1.踵接地
 2.足底接地
 3.加速期
 4.踏み切り

解答: 3

27.異常歩行と原因との組合せで誤っているのはどれか。
 1.酩酊歩行 …… 小脳疾患
 2.こきざみ歩行 …… パーキンソン病
 3.アヒル歩行 …… 筋ジストロフィー
 4.鶏歩 …… 股関節脱臼

解答: 4

28.運動療法について誤っているのはどれか。
 1.ブルンストローム法:関節可動域訓練
 2.デローム法:筋力増強訓練
 3.フレンケル体操:協調性訓練
 4.ボバース法:神経筋再教育

解答: 1

29.失語症について誤っている記述はどれか。
 1.運動性失語は発声器官が正常でも起こる。
 2.大脳の劣位半球障害で起こる。
 3.言語訓練には家族の協力をも求める。
 4.言語訓練の内容は失語症の種類により異なる。

解答: 2

30.第6頚髄節まで機能残存の脊髄損傷患者が可能な動作で
  誤っているのはどれか。
 1.肩の外転
 2.肘の屈曲
 3.手関節の背屈
 4.手指の屈曲

解答: 4

31.慢性関節リウマチで正しい記述はどれか。
 1.関節炎は、大関節に起こりやすい。
 2.進行しても関節強直は起こさない。
 3.手指の尺側偏位を起こしやすい。
 4.内臓病変を伴わない。

解答: 3

32.変形性膝関節症について誤っている記述はどれか。
 1.関節組織の退行変性による。
 2.肥満は進行を助長する。
 3.膝の外反変形を生じやすい。
 4.大腿四頭筋の萎縮が起こる。

解答: 3

33.障害とそのアプローチとの組合せで誤っているのはどれか。
 1.機能障害 …… 合併症の予防
 2.機能障害 …… 装具による歩行訓練
 3.能力低下 …… 利き手交換訓練
 4.社会的不利 …… 家屋改造

解答: 2

34.筋収縮について正しい記述はどれか。
 1.等張性収縮は等尺性収縮より筋持久力の増大効果がある。
 2.等張性収縮は等尺性収縮より循環器系へ負担がかかる。
 3.等張性収縮はギプス固定中の関節の運動に適している。
 4.等尺性収縮は遠心性収縮と求心性収縮とに分けられる。

解答: 1

35.脳卒中患者の動作について正しい記述はどれか。
 1.衣服を脱ぐときは健側から行う。
 2.ベッドから起きるときは患側を下にして行う。
 3.ベッドからの移乗では車椅子を患側に置く。
 4.階段は健側から降りる。

解答: 1

36.正しい立位で重心線が通る身体部位で誤っているのはどれか。
 1.肩峰
 2.大転子
 3.膝関節後面
 4.外果

解答: 3

37.トレンデレンブルグ歩行の原因となる筋はどれか。
 1.中殿筋
 2.大殿筋
 3.大腿四頭筋
 4.前脛骨筋

解答: 1

38.慢性閉塞性肺疾患の理学療法で誤っているのはどれか。
 1.リラクセーション
 2.胸式呼吸
 3.体位排痰
 4.歩行訓練

解答: 2

39.脳卒中患者の合併症はどれか。
 1.けいれん
 2.視床痛
 3.肩手症候群
 4.失語症

解答: 3

40.末梢神経損傷で誤っている記述はどれか。
 1.神経伝導速度検査で異常を示す。
 2.支配領域の発汗障害をきたす。
 3.損傷軸索の再生時にチネル徴候がみられる。
 4.ニューラプラキシアは神経の完全切断である。

解答: 4

41.内部障害に含まれないのはどれか。
 1.聴覚障害
 2.腎障害
 3.呼吸器障害
 4.循環器障害

解答: 1

42.弛緩性麻痺の評価で適切でないのはどれか。
 1.ブルンストロームのステージ
 2.日常生活動作テスト
 3.徒手筋力テスト
 4.四肢周径の測定

解答: 1

43.正常立位姿勢のとき矢状面で人体の重心線が通過する部位として
  誤っているのはどれか。
 1.乳様突起付近
 2.第2仙椎の少し前方
 3.股関節の前方
 4.膝関節の前方

解答: 3

44.歩行について誤っている記述はどれか。
 1.1サイクルは2歩に相当する。
 2.二重支持期がない場合は走行となる。
 3.重心の軌跡はサインカーブを描く。
 4.バランスの悪い人は歩隔が狭くなる。

解答: 4

45.脳卒中の障害で誤っている記述はどれか。
 1.多発性梗塞は痴呆の原因となる。
 2.舌、口唇の麻痺は失語症の原因となる。
 3.嚥下障害は肺炎の原因となる。
 4.肩手症候群は上肢痛の原因となる。

解答: 2

46.脊髄損傷患者の排尿について誤っている記述はどれか。
 1.脊髄排尿中枢は仙髄にある。
 2.残尿は尿路感染の原因となる。
 3.持続カテーテル管理を第一目標とする。
 4.弛緩性膀胱では用手圧迫により行う。

解答: 3

47.脳性麻痺について正しい記述はどれか。
 1.障害は1歳ころまで現れてこない。
 2.知的能力と機能障害とは一致しない。
 3.呼吸障害は伴わない。
 4.感覚障害は伴わない。

解答: 2

48.腰痛の治療について誤っている記述はどれか。
 1.運動療法により姿勢の改善を図る。
 2.ウイリアムス体操は腰椎の伸展訓練である。
 3.間欠牽引はマッサージ効果を期待する。
 4.軟性コルセットは腹圧を高め症状を軽減する。

解答: 2

49.障害のうち能力低下への対応で誤っているのはどれか。
 1.車椅子処方
 2.ADL訓練
 3.利き手交換
 4.家屋改造

解答: 4

50.障害の評価の目的で適切でないのはどれか。
 1.疾患原因の検討
 2.障害原因の検討
 3.治療目標の設定
 4.治療方法の検討

解答: 1

51.効率の良い歩き方の特徴はどれか。
 1.立脚中期で膝関節は屈曲しない。
 2.重心は水平に移動する。
 3.骨盤は左右に移動する。
 4.骨盤は回旋しない。

解答: 3

52.日常生活動作として適切でないのはどれか。
 1.歩行
 2.買物
 3.食事
 4.更衣

解答: 2

53.脳卒中の回復に関して誤っている記述はどれか。
 1.ブルンストロームのステージに従って回復する。
 2.発症後6か月ころから回復が著明となる。
 3.上肢の回復予後は一般に悪い。
 4.ホームプログラムは機能維持に有用である。

解答: 2

54.下肢の切断について誤っている記述はどれか。
 1.循環障害に起因する切断は減少している。
 2.拘縮の予防に腹臥位をとらせる。
 3.断端浮腫に対して弾性包帯をまく。
 4.幻肢は失われた部位が残っている感覚である。

解答: 1

55.C6損傷(第7頚髄節以下の損傷)でできない動作はどれか。
 1.寝返り動作
 2.坐位保持
 3.移乗動作
 4.起立動作

解答: 4

56.慢性閉塞性肺疾患のリハビリで適切でないのはどれか。
 1.気道の清浄化
 2.胸郭のストレッチ
 3.呼吸補助筋を使った呼吸
 4.口すぼめ呼吸訓練

解答: 3

57.社会的不利について正しい記述はどれか。
 1.一人で服を着替えることができない。
 2.麻痺のため手が動かない。
 3.車椅子の操作ができない。
 4.段差があり車椅子で公園に入れない。

解答: 4

58.股関節について誤っている記述はどれか。
 1.大腿骨頭の約2/3は寛骨臼の中にある。
 2.正常の頚体角は約120~130度である。
 3.ハムストリングスは屈曲に作用する。
 4.屈曲角度は膝の伸展時より屈曲時の方が大きい。

解答: 3

59.正常歩行において遊脚期に活動がみられない筋はどれか。
 1.前脛骨筋
 2.ヒラメ筋
 3.大腿四頭筋
 4.腸腰筋

解答: 2

60.関節可動域測定で誤っている記述はどれか。
 1.肩の屈曲は肩峰を通る床への垂直線を基本軸とする。
 2.手関節の屈曲は橈骨と第5中手骨との角度を測る。
 3.股関節の外転は大腿中央線を移動軸とする。
 4.膝の屈曲は大腿骨と腓骨との角度を測る。

解答: 2

61.脳卒中片麻痺患者のリハビリテーションについて
  誤っている記述はどれか。
 1.家屋の構造を知る必要がある。
 2.介助の軽減は目的の一つとなる。
 3.発症後6か月で完結させる。
 4.弛緩性麻痺の期間が長いと到達レベルは低い。

解答: 3

62.脊髄損傷の理学療法で誤っているのはどれか。
 1. 1日2回の体位変換を行う。
 2.呼吸訓練を行う。
 3.褥瘡予防にプッシュアップを行う。
 4.下位腰髄損傷では実用的な歩行を目指す。

解答: 1

63.末梢神経損傷におけるリハビリテーションと
  その目的との組合せで誤っているのはどれか。
 1.関節可動域訓練 …… 拘縮の予防
 2.自動介助運動  …… 筋の再教育
 3.装具の装着   …… 変形の予防
 4.自助具の使用  …… 筋力の強化

解答: 4

64.心疾患における運動強度の指標として適切でないのはどれか。
 1. 6分間歩行テスト
 2.メッツ(METS)
 3.脈拍数
 4.血圧

解答: 1

65.内部障害はどれか。
 1.視覚障害
 2.聴覚言語障害
 3.肢体不自由
 4.膀胱直腸障害

解答: 4

66.手根管を通過しないのはどれか。
 1.浅指屈筋腱
 2.深指屈筋腱
 3.正中神経
 4.尺骨神経

解答: 4

67.正常歩行周期について誤っている記述はどれか。
 1.立脚期と遊脚期の比率は6対4である。
 2.重心が最も低くなるのは立脚中期である。
 3.骨盤の回旋は重心の上下動を小さくする。
 4.一側の膝関節は屈曲と伸展をそれぞれ2回行う。

解答: 2

68.片麻痺の理学療法で正しい記述はどれか。
 1.マット上で膝立ち訓練を行う。
 2.立位保持は膝の過伸展を利用する。
 3.杖歩行では杖の次に健側下肢を前に出す。
 4.浴槽へは患側下肢から入る。

解答: 1

69.脳性麻痺について正しい記述はどれか。
 1.痙直型は腱反射が低下する。
 2.アテトーゼ型は不随意運動がみられない。
 3.失調型は平衡機能が保たれる。
 4.弛緩型は抗重力姿勢が保てない。

解答: 4

70.頚髄損傷患者の障害でないのはどれか。
 1.四肢麻痺
 2.失禁
 3.嚥下障害
 4.肺活量低下

解答: 3

71.慢性関節リウマチの理学療法で適切でない記述はどれか。
 1.全身訓練により呼吸運動の維持を図る。
 2.関節可動域訓練は愛護的に行う。
 3.筋力維持増強訓練は他動運動を中心に行う。
 4.疼痛を軽減する目的でホットパックを用いる。

解答: 3

72.変形性膝関節症について誤っている記述はどれか。
 1.肥満は悪化要因になる。
 2.進行すると外反変形を生じやすい。
 3.大腿四頭筋の徒手抵抗運動を行う。
 4.側方不安定性には装具を用いる。

解答: 2

73.関節運動で伸展40°が可能な関節はどれか。
 1.肩関節
 2.肘関節
 3.股関節
 4.膝関節

解答: 1

74.肩の腱板を形成しない筋はどれか。
 1.大円筋
 2.肩甲下筋
 3.棘上筋
 4.小円筋

解答: 1

75.廃用症候群に含まれないのはどれか。
 1.筋萎縮
 2.麻痺
 3.関節拘縮
 4.褥瘡

解答: 2

76.慢性閉塞性肺疾患に対する肺理学療法で誤っているのはどれか。
 1.深い呼吸
 2.ゆっくりとした呼吸
 3.呼吸補助筋を使った呼吸
 4.横隔膜を使った呼吸

解答: 3

77.末梢神経麻痺と装具との組合せで適切でないのはどれか。
 1.正中神経麻痺  …… 短対立副子
 2.尺骨神経麻痺  …… ナックルベンダー
 3.総腓骨神経麻痺 …… 短下肢装具
 4.脛骨神経麻痺  …… 長下肢装具

解答: 4

78.温熱療法の効果で誤っているのはどれか。
 1.血液循環の改善
 2.新陳代謝の抑制
 3.痛みの軽減
 4.痙性の抑制

解答: 2

79.脳卒中急性期の背臥位での良肢位として誤っているのはどれか。
 1.枕を高めにする。
 2.患側肩甲帯を前に出す。
 3.両骨盤を水平にする。
 4.股関節を内外旋中間位にする。

解答: 1

80.トーマステストの目的はどれか。
 1.腰部神経根圧迫の有無
 2.背筋の緊張の有無
 3.腸腰筋拘縮の有無
 4.ハムストリングス短縮の有無

解答: 3

81.身体障害者手帳の交付が最も多いのはどれか。
 1.視覚障害
 2.聴覚・言語障害
 3.肢体不自由
 4.内部障害

解答: 3

82.種々の手段を用い、応用動作の向上や社会適応能力の
  回復を目的として行われるのはどれか。
 1.理学療法
 2.作業療法
 3.心理療法
 4.ソーシャルワーク

解答: 2

83.関節リウマチのリハビリテーションで誤っている記述はどれか。
 1.運動時痛を伴う間は関節の安静を保つ。
 2.筋力強化は等尺性運動を基本とする。
 3.関節可動域訓練は可動範囲いっぱいに動かす。
 4.疼痛を軽減する目的で温熱療法を併用する。

解答: 2

84.歩行時の重心移動を滑らかにする身体の仕組みで
  誤っている記述はどれか。
 1.立脚中期に膝関節が屈曲する。
 2.遊脚側の骨盤が前方に回旋する。
 3.骨盤が立脚側に側方移動する。
 4.遊脚側の骨盤が挙上する。

解答: 4

85.脳性麻痺について誤っている組合せはどれか。
 1.痙直型    …… 腱反射亢進
 2.弛緩型    …… 抗重力姿勢保持困難
 3.強剛型    …… 関節拘縮
 4.アテトーゼ型 …… 鉛管現象

解答: 4

86.脳卒中による右片麻痺患者にみられる症状で
  誤っているのはどれか。
 1.失語症
 2.左半側空間失認
 3.両眼での右側視野の欠損
 4.右上下肢の知覚障害

解答: 2

87.頚髄損傷急性期にみられない症状はどれか。
 1.腸閉塞
 2.弛緩性運動麻痺
 3.反射性排尿
 4.発汗障害

解答: 3

88.慢性閉塞性肺疾患に対する理学療法の目的で
  誤っているのはどれか。
 1.残気量の増大
 2.換気量の増大
 3.1秒率の増大
 4.気道分泌物の排出

解答: 1

89.IL運動(自立生活運動)の思想で正しいのはどれか。
 1.身の回りのことで他人の助けを借りてはならない。
 2.障害者の自己決定には責任と義務を伴う。
 3.職業を身につけることを最高の目標とする。
 4.障害者だけが住む施設内で生活する。

解答: 2

90.改訂長谷川式簡易知能評価スケールの質問内容で
  誤っているのはどれか。
 1.年齢
 2.言葉の記憶
 3.数字の逆唱
 4.漢字の読み

解答: 4

91.正常歩行の立脚中期から後期にかけて強く収縮する筋はどれか。
 1.大腿四頭筋
 2.ハムストリングス
 3.前脛骨筋
 4.下腿三頭筋

解答: 4

92.脳卒中のリハビリテーションで正しい記述はどれか。
 1.意識障害が強い患者では関節可動域訓練は禁忌である。
 2.坐位が安定していなくても歩行訓練を開始する。
 3.歩行が自立していなくてもセルフケア訓練を開始する。
 4.下肢麻痺が共同運動レベルでは装具歩行ができない。

解答: 3

93.母指と示指で輪を作ることが模倣できない患者で
  疑われるのはどれか。
 1.半側空間無視
 2.構成失行
 3.観念失行
 4.観念運動失行

解答: 4

94.脊髄損傷による膀胱直腸障害でないのはどれか。
 1.無尿
 2.失禁
 3.尿閉
 4.便秘

解答: 1

95.下肢切断と起こりやすい関節拘縮との組合せで
  誤っているのはどれか。
 1.大腿切断      …… 股関節屈曲拘縮
 2.下腿切断      …… 膝関節屈曲拘縮
 3.サイム切断     …… 膝関節伸展拘縮
 4.リスフラン関節離断 …… 足関節屈曲拘縮

解答: 3

96.神経麻痺と装具との組合せで正しいのはどれか。
 1.正中神経麻痺  …… 長対立副子
 2.尺骨神経麻痺  …… コックアップスプリント
 3.大腿神経麻痺  …… 短下肢装具
 4.総腓骨神経麻痺 …… PTB免荷装具

解答: 1





スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.