スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノート・テスト科目一覧
ブログランキング
★にほんブログ村」のランキングに参加中!!
このサイトが役にたったら、1日1クリックの応援をお願いします。

臨床医学各論テスト「穴埋め問題」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

問題 以下の文章の(  )に最も適する語句を入れなさい。

1.抗癌剤の投与中や栄養不良の際、最も発症しやすい口内炎は
  (  )性口内炎である。

 正解 偽膜

2.食道炎で最も発症頻度の高いものは(  )食道炎である。

 正解 消化性

3.食道静脈瘤の発生は(  )の亢進により、側副路が
  形成されることに由来する。

 正解 門脈圧

4.(  )菌は、う歯の発生に最も関係深い菌とされている。

 正解 ミュータンス

5.組織学的に食道癌で最も多いのは(  )癌である。

 正解 扁平上皮

6.十二指腸潰瘍の性別発生頻度は(  )性のほうが高い。

 正解 男

7.胃癌の好発部位は(  )である。

 正解 胃角部

8.胃潰瘍のX線検査では胃の輪郭外に突出した像が
  見い出されるが、これを(  )という。

 正解 ニッシェ

9.(  )拮抗薬は消化性潰瘍に速硬性を示す薬物である。

 正解 ヒスタミンH2受容体

10.胃壁の緊張が低下した状態を(  )という。

 正解 胃アトニー

11.消化性潰瘍の理学的所見では、(  )圧痛点の閾値が
  低下している。

 正解 小野寺殿部

12.胃角が蠕動の如何なる相においても、(  )よりも
  下にある状態を胃下垂という。

 正解 腸骨稜

13.プロスタグランジンは胃粘膜の血流量を(  )させる。

 正解 増加

14.(  )体質のヒトは胃下垂に罹患しやすい。

 正解 無力性

15.リボフラビンとも呼ばれるビタミン(  )の欠乏では、
  口角炎や口内炎、さらには皮膚炎などを発症してくる。

 正解 B12

16.胃癌において、癌の浸潤が(  )以上に及んでいるものを
  進行癌という。

 正解 粘膜下層

17.急性外因性胃炎の(  )胃炎の症状は激烈なものである。

 正解 急性腐蝕性

18.(  )胃炎では高度の胃腺萎縮はみられるが、
  炎症性所見は見られない。

 正解 肥厚性

19.胃癌のボールマン4型に属する癌の殆どが、組織的に見ると
  (  )である。

 正解 スキルス硬性癌

20.出血性大腸炎や偽膜性大腸炎を創傷して
  (  )大腸炎という。

 正解 抗生物質起因性

21.テネスムスは(  )と同意語である。

 正解 しぶり腹

22.胃癌以外の胃腫瘍として(  )が挙げられる。

 正解 胃ポリープ

23.胃癌などはリンパ節への転移がみられるが、左鎖骨上窩に

  転移したものを(  )という。

 正解 ウイルヒョウリンパ節腫大

24.アレルギー性腸炎の殆どが、(  )に対する
  アレルギー反応として出現してくる。

 正解 ミルク

25.潰瘍性大腸炎の(  )型は予後不良である。

 正解 急性電撃

26.進行胃癌の分類上、最も予後不良とされるのは
  ボールマンの(  )型である。

 正解 4

27.慢性腸炎を呈する代表的な疾患として(  )が挙げられる。

 正解 腸結核

28.潰瘍性大腸炎の主な症状は下痢と(  )である。

 正解 血便

29.虫垂炎では白血球の核の(  )移動がみられる。

 正解 左方

30.虫垂炎の腹痛は(  )から出現する。

 正解 心窩部

31.急性肝炎の経過において、黄疸の出現と共に自覚症状が
  増悪するような場合は(  )へ伸展する化膿性が高い。

 正解 劇症肝炎

32.大腸癌の発生機序による分類の通常癌は(  )説により
  その発生が説明されている。

 正解 多段階発癌説

33.(  )イレウスの聴診では、メタリックサウンドが
  聴取される。

 正解 閉塞性イレウス

34.肝性口臭は(  )臭である。

 正解 アミン臭

35.ウイルス性肝炎の中で、垂直感染率の最も高いのは
  (  )ウイルス性肝炎である。

 正解 B型

36.(  )は、大腸癌のX線検査で診られる特徴的な像である。

 正解 アップルコアサイン

37.(  )はB型肝炎ウイルスの芯抗原である。

 正解 HBe

38.大腸癌は血行性に(  )に転移することが多い。

 正解 肝臓

39.(  )イレウスは外科手術の対象とならない。

 正解 麻痺性イレウス

40.E型ウイルス性肝炎の主な感染経路は(  )感染である。

 正解 経口感染

41.慢性肝炎の確定診断は(  )によってなされる。

 正解 肝生検

42.自己免疫性肝炎の発症頻度は(  )性の方が多い。

 正解 女性

43.急性肝炎の症状は、前駆期・(  )・回復期の
  3期に分類される。

 正解 黄疸期

44.慢性肝炎の治療法として(  )離脱療法が行われる。

 正解 ステロイド離脱療法

45.(  )症や肝ジストマなどの寄生虫症は肝硬変の原因となる。

 正解 日本住血吸虫症

46.肝硬変の際、(  )瘤の破綻が死因となることがある。

 正解 食道静脈瘤

47.原発性肝細胞癌の主要随伴症状として、(  )血症が
  あげられる。

 正解 高カルシウム血症

48.転移性肝癌の腹腔鏡検査では(  )を確認することが多い。

 正解 癌臍

49.胆石の発症頻度は(  )性の方が高い。

 正解 女性

50.最も肝硬変に移行しやすい肝炎ウイルスは(  )型である。

 正解 C型

51.最も致命率の高い脳出血は(  )部における出欠である。

 正解 橋底部

52.クモ膜下出血の原因で最も多いのは(  )の破綻である。

 正解 嚢状動脈瘤

53.ワレンベルグ症候群は(  )動脈系の閉塞によって出現する。

 正解 椎骨動脈系

54.脳内にみられる直径1㎜前後の小梗塞を(  )という。

 正解 ラクナ梗塞

55.(  )動脈系のTIAでは発作後との症状は同じ傾向を示す。

 正解 内頸動脈系

56.脳血栓症の前駆症状として(  )症状を呈することが多い。

 正解 高血圧

57.(  )部における脳出血では対光反射が消失する。

 正解 視床部

58.(  )亢進症状の1つにブルジンスキー徴候が挙げられる。

 正解 脳圧亢進症状

59.高血圧性脳症の殆どは(  )高血圧状態のときに出現する。

 正解 悪性高血圧

60.頭蓋内出血後などに髄液が(  )色を呈してきたものを
  キサントクロミーという。

 正解 黄色

61.発作後最も血性髄液を呈しやすい脳血管障害は(  )である。

 正解 クモ膜下出血

62.(  )菌感染による髄膜炎は、慢性の経過をとる髄膜炎の
  代表的なものである。

 正解 結核菌

63.脳出血では深部反射は(  )する。

 正解 亢進

64.髄膜炎の合併症で、副腎出欠・紫斑・昏睡などの出現を
  見るものを(  )症候群という。

 正解 ウォーターハウスフリードリクセン症候群

65.日本脳炎ウイルスの人への媒介動物は(  )である。

 正解 小型アカイエカ

66.急性化膿性髄膜炎では、髄液中の(  )球が増加する。

 正解 多核白血球

67.(  )出血では著しい縮瞳を呈する。

 正解 橋出血

68.癌性髄膜炎は、(  )癌・乳癌・胃癌からの転移が多い。

 正解 肺癌

69.脳出血の好発動脈は(  )動脈である。

 正解 レンズ核線条体動脈

70.経口避妊薬の服用は、脳血管障害の(  )症を発症しやすい。

 正解 脳血栓症





スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.