スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノート・テスト科目一覧
ブログランキング
★にほんブログ村」のランキングに参加中!!
このサイトが役にたったら、1日1クリックの応援をお願いします。

鍼灸マッサージ理論テスト「ひたすら(マッサージ)」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

1.マッサージの施術方法で誤っているのはどれか。
 1.血液・リンパの還流を促すように行う。
 2.筋肉を十分弛緩させて行う。
 3.衣服の上から行う。
 4.求心性に行う。

解答: 3

2.腹部に行う手技で最も多く用いられるのはどれか。
 1.ろとう揉捏法
 2.きりもみ状揉捏法
 3.母指揉捏法
 4.二指揉捏法

解答: 1

3.小指側で行う叩打法はどれか。
 1.空気(宿気)打法
 2.切打法
 3.環状叩打法
 4.拍打法

解答: 2

4.古法の按腹における腹証で、心窩部に硬結があるのはどれか。
 1.虚人の腹
 2.脚気の腹
 3.血塊の腹
 4.苦労の腹

解答: 4

5.競技後の筋疲労を回復させるマッサージの効果はどれか。
 1.血管の収縮を促す。
 2.筋の興奮性を高める。
 3.乳酸の代謝を促す。
 4.皮下脂肪の吸収を促す。

解答: 3

6.治療目的について誤っている組合せはどれか。
 1.関節水腫(水症) …… 誘導作用
 2.腓腹筋けいれん  …… 興奮作用
 3.胃アトニー    …… 反射作用
 4.肋間神経痛    …… 鎮静作用

解答: 2

7.あマ指施術で出現する好ましくない反応はどれか。
 1.施術中の睡眠
 2.空腹感の発現
 3.便意の訴え
 4.翌日の筋肉痛

解答: 4

8.骨折の発生に最も注意しなければならないのはどれか。
 1.吸圧法
 2.衝圧法
 3.持続圧法
 4.緩圧法

解答: 2

9.触圧覚に関与しないのはどれか。
 1.Aγ線維
 2.視床
 3.マイスネル小体
 4.中心後回

解答: 1

10.多様な刺激に対する生体反応で、下垂体-副腎皮質系の
  重要性を指摘しているのはどれか。
 1.サイバネティックス
 2.ストレス学説
 3.ホメオスタシス
 4.緊急反応

解答: 2

11.軽擦法の種類と施術部位との組合せで適切でないのはどれか。
 1.手掌軽擦法 …… 背部
 2.四指軽擦法 …… 頭部
 3.指軽擦法 …… 顔面
 4.二指軽擦法 …… 手指

解答: 3

12.強擦法について誤っているのはどれか。
 1.マッサージに特有な基本手技
 2.軽擦法と圧迫法の複合手技
 3.主に関節部に応用する手技
 4.軟部組織の癒着の治療に用いる手技

解答: 2

13.骨格筋に対する揉捏法の作用で適切でないのはどれか。
 1.新陳代謝の促進
 2.筋力の強化
 3.筋緊張の緩和
 4.筋疲労の除去

解答: 2

14.手技と治療対象との組合せで正しいのはどれか。
 1.持続圧迫法    …… 坐骨神経痛
 2.うずまき状強擦法 …… 腓腹筋けいれん
 3.環状叩打法    …… 顔面神経麻痺
 4.矯正法      …… 胃下垂

解答: 1

15.膝関節の水腫に対する大腿部へのマッサージの目的はどれか。
 1.誘導作用
 2.矯正作用
 3.興奮作用
 4.鎮静作用

解答: 1

16.マッサージの刺激量を決定する要因でないのはどれか。
 1.手技の選択
 2.力の強弱
 3.施術者の体格
 4.時間の長短

解答: 3

17.振せん法によって興奮する受容器のうち適切でないのはどれか。
 1.ルフィニ小体
 2.マイスナー小体
 3.パチニ小体
 4.高閾値機械受容器

解答: 4

18.温罨法が適するのはどれか。
 1.乳癌
 2.乳頭炎
 3.乳腺炎
 4.乳汁分泌不全

解答: 4

19.内臓疾患の際に筋緊張を起こす機序はどれか。
 1.内臓-内臓反射
 2.内臓-体性反射
 3.体性-内臓反射
 4.軸索反射

解答: 2

20.ホメオスタシスについて誤っている記述はどれか。
 1.生体の恒常性維持をいう。
 2.生命維持の重要な担い手である。
 3.大脳皮質による調節系である。
 4.内分泌系が関与する。

解答: 3

21.あん摩の手技とその作用との組合せで誤っているのはどれか。
 1.軽擦法   …… そう快感を与える。
 2.揉捏法   …… 筋の疲労を回復させる。
 3.間歇圧迫法 …… 筋の機能を高める。
 4.叩打法   …… 関節可動域を拡大する。

解答: 4

22.古法あん摩の腹診で「腹全体に力なく皮膚がざらつく」のは
  どれか。
 1.食痞の腹
 2.癪聚の腹
 3.血塊の腹
 4.虚人の腹

解答: 4

23.マッサージの基本手技で手掌面を用いないのはどれか。
 1.揉捏法
 2.叩打法
 3.強擦法
 4.振せん法

解答: 3

24.強擦法について誤っているのはどれか。
 1.筋力を増強する。
 2.関節部に応用する。
 3.軽擦法と揉捏法との複合手技である。
 4.制限された関節可動域を改善する。

解答: 1

25.僧帽筋に対する手技で適切でないのはどれか。
 1.手掌軽擦法
 2.きりもみ状揉捏法
 3.突手
 4.合掌打法

解答: 2

26.手技による消化管機能の亢進作用で適切でないのはどれか。
 1.蠕動運動の亢進
 2.交感神経活動の亢進
 3.消化酵素の分泌増加
 4.栄養の吸収促進

解答: 2

27.結合織マッサージについて誤っている記述はどれか。
 1.創始者はディッケである。
 2.手技により皮膚に波状のしわが現れる。
 3.基本手技は二指揉捏法である。
 4.皮下結合組織に牽引刺激を与える。

解答: 3

28.手技の治療的作用と症状との組合せで誤っているのはどれか。
 1.興奮作用 …… 知覚鈍麻
 2.鎮静作用 …… 神経痛
 3.反射作用 …… 便秘
 4.矯正作用 …… 関節の腫脹

解答: 4

29.筋力1で行う運動法はどれか。
 1.他動運動法
 2.自動介助運動法
 3.自動運動法
 4.抵抗運動法

解答: 1

30.サイバネティックスの語源はどれか。
 1.制御と通信
 2.恒常性
 3.閉回路
 4.舵取り

解答: 4

31.叩打法とその応用部位との組合せで誤っているのはどれか。
 1.指頭叩打法 …… 頭部
 2.合掌打法  …… 肩背部
 3.環状叩打法 …… 腹部
 4.切打法   …… 上肢

解答: 3

32.片手で行う揉捏法はどれか。
 1.二指揉捏法
 2.鋸切状揉捏法
 3.きりもみ状揉捏法
 4.ろとう揉捏法

解答: 1

33.マッサージの基本手技でないのはどれか。
 1.間歇圧迫法
 2.渦紋状強擦法
 3.擦過軽擦法
 4.母指揉捏法

解答: 3

34.急に離す圧法はどれか。
 1.通常圧法
 2.衝圧法
 3.緩圧法
 4.吸圧法

解答: 2

35.触圧刺激の情報が後索路を通らないのはどれか。
 1.顔面部
 2.前腕部
 3.肩上部
 4.腰部

解答: 1

36.手技による求心性の情報を伝えないのはどれか。
 1.Aβ線維
 2.Aδ線維
 3.Aγ線維
 4.C線維

解答: 3

37.軽擦法の作用で正しいのはどれか。
 1.血液・リンパ循環を促進する。
 2.病的滲出物を破砕吸収する。
 3.皮下脂肪の減少を促進する。
 4.靭帯の癒着をはがす。

解答: 1

38.手技の作用として誤っている記述はどれか。
 1.圧迫法は持続的に行うと筋のけいれんを鎮静させる。
 2.振せん法は神経系の機能を亢進させる。
 3.揉捏法は筋の新陳代謝を亢進させる。
 4.叩打法は弱く短く行うと神経系の機能を抑制させる。

解答: 4

39.内臓疾患の際、腰部の筋過緊張を起こす反射の遠心路はどれか。
 1.知覚神経
 2.運動神経
 3.交感神経
 4.副交感神経

解答: 2

40.サイバネティックスの学説に関係するのはどれか。
 1.恒常性
 2.ストレス
 3.副交感神経
 4.フィードバック

解答: 4

41.あん摩施術で最初に行う手技はどれか。
 1.軽擦法
 2.揉捏法
 3.圧迫法
 4.運動法

解答: 1

42.按腹に適さない手技はどれか。
 1.ろとう揉捏
 2.車手
 3.手掌振せん
 4.四指圧迫

解答: 2

43.柳手と関連の深い手技はどれか。
 1.振せん法
 2.揉捏法
 3.叩打法
 4.強擦法

解答: 3

44.結合織マッサージの基本手技はどれか。
 1.母指軽擦
 2.擦過軽擦
 3.環状軽擦
 4.指軽擦

解答: 2

45.神経痛に対する神経伸展法で期待できる作用はどれか。
 1.興奮作用
 2.誘導作用
 3.鎮静作用
 4.矯正作用

解答: 3

46.マッサージの施術対象とならない疾患はどれか。
 1.脳卒中後遺症
 2.慢性胃炎
 3.気管支喘息
 4.大動脈瘤

解答: 4

47.施術と効果との組合せで誤っているのはどれか。
 1.あん摩   …… 気血の循環改善
 2.マッサージ …… リンパの循環促進
 3.指圧    …… 神経線維の増加
 4.運動法   …… 関節可動域の拡大

解答: 3

48.上腕二頭筋の過緊張に対し、拮抗抑制を目的に施術する筋は
  どれか。
 1.上腕三頭筋
 2.三角筋
 3.上腕筋
 4.烏口腕筋

解答: 1

49.キャノンの緊急反応において主要な役割をしているのはどれか。
 1.小脳
 2.下垂体
 3.副腎皮質
 4.交感神経

解答: 4

50.次の文に該当するのはどれか。
 「生体は内外の環境変化によってその状態を変動させるが、
 ほぼ一定の範囲内に維持される。」
 1.ストレス学説
 2.ホメオスターシス
 3.圧発汗反射
 4.レイリー現象

解答: 2

51.古法あん摩のうち関節を動かすのはどれか。
 1.解釈の術
 2.調摩の術
 3.利関の術
 4.肩井の術

解答: 3

52.あん摩の治療的作用に含まれないのはどれか。
 1.転調作用
 2.止血作用
 3.鎮静作用
 4.反射作用

解答: 2

53.切打法ではどの部位を使用するか。
 1.指頭
 2.小指尺側
 3.手背
 4.手掌

解答: 2

54.手掌や足底に適した軽擦法はどれか。
 1.二指軽擦法
 2.環状軽擦法
 3.四指軽擦法
 4.指(か)軽擦法

解答: 4

55.強擦法を構成する手技はどれか。
 1.軽擦と揉捏
 2.軽擦と圧迫
 3.揉捏と振せん
 4.揉捏と圧迫

解答: 1

56.指圧について誤っている記述はどれか。
 1.内臓の機能を調節する。
 2.神経痛にはワレーの圧痛点に施術する。
 3.運動麻痺には持続圧迫法を用いる。
 4.運動操作は健康増進法として応用される。

解答: 3

57.軽擦法によって生じる触覚の伝導に関与しないのはどれか。
 1.高閾値侵害受容器
 2.Aβ線維
 3.脊髄神経節
 4.後角

解答: 1

58.大腿内側のあん摩で施術する筋はどれか。
 1.大腿二頭筋
 2.大腿直筋
 3.大腿筋膜張筋
 4.薄筋

解答: 4

59.セリエのストレス学説でストレス刺激に対する生体反応は
  どれか。
 1.脾臓の萎縮
 2.胸腺の肥大
 3.副腎皮質の萎縮
 4.胃・十二指腸潰瘍

解答: 4

60.キャノンが提唱したのはどれか。
 1.サイバネティックス
 2.ホメオスターシス
 3.汎適応症候群
 4.過剰刺激症候群

解答: 2

61.古法あん摩の「調摩の術」と関係がある手技はどれか。
 1.圧迫法
 2.揉捏法
 3.軽擦法
 4.振せん法

解答: 3

62.手指や足指に適した軽擦法はどれか。
 1.指頭軽擦法
 2.手掌軽擦法
 3.指軽擦法
 4.二指軽擦法

解答: 4

63.皮下に生じた血腫の吸収を促進するのに適した手技はどれか。
 1.強擦法
 2.圧迫法
 3.揉捏法
 4.振せん法

解答: 1

64.骨格筋の伸展運動に応答する受容器はどれか。
 1.パチニ小体
 2.筋紡錘
 3.自由神経終末
 4.ルフィニ終末

解答: 2

65.あん摩の基本手技のうち古法あん摩の「解釈の術」と
  関係あるのはどれか。
 1.按撫法(軽擦法)
 2.揉捏法
 3.圧迫法
 4.運動法

解答: 2

66.按撫法(軽擦法)が皮膚に及ぼす作用として適切でないのは
  どれか。
 1.皮膚の機械受容器の刺激
 2.皮膚の新陳代謝の促進
 3.皮膚血管の収縮
 4.皮脂腺や汗腺の分泌促進

解答: 3

67.関節部の癒着を剥離させるために用いる手技はどれか。
 1.圧迫法
 2.按捏法(強擦法)
 3.揉捏法
 4.叩打法

解答: 2

68.ヘッド帯に関与する組合せはどれか。
 1.内臓と知覚神経
 2.内臓と運動神経
 3.筋肉と知覚神経
 4.筋肉と運動神経

解答: 1

69.圧自律神経反射の学説で、非圧迫側の反応について
  誤っているのはどれか。
 1.血圧上昇
 2.発汗減少
 3.皮膚温上昇
 4.鼻粘膜血管収縮

解答: 2

70.汎適応症候群の学説を提唱したのは誰か。
 1.ウイナー
 2.レイリー
 3.セリエ
 4.ベルナール

解答: 3

71.あん摩の基本手技でないのはどれか。
 1.軽擦法
 2.圧迫法
 3.揉捏法
 4.強擦法

解答: 4

72.主に頭部に用いられる曲手はどれか。
 1.挫手
 2.突手
 3.横手
 4.柳手

解答: 4

73.胸鎖乳突筋部に適した揉捏法はどれか。
 1.手掌揉捏法
 2.二指揉捏法
 3.ろとう揉捏法
 4.錐状(きりもみ状)揉捏法

解答: 2

74.軽擦法による触・圧覚を伝える神経線維はどれか。
 1.Aα
 2.Aβ
 3.Aγ
 4.B

解答: 2

75.圧発汗反射の求心路はどれか。
 1.交感神経
 2.副交感神経
 3.知覚神経
 4.運動神経

解答: 3

76.あマ指刺激による内臓機能調整に関する反射はどれか。
 1.体性 …… 内臓反射
 2.内臓 …… 内臓反射
 3.内臓 …… 知覚反射
 4.内臓 …… 運動反射

解答: 1

77.頸動脈洞部の圧迫刺激により誘発される現象はどれか。
 1.血圧上昇
 2.瞳孔散大
 3.心拍数減少
 4.利尿

解答: 3

78.あマ指の効果として適切でないのはどれか。
 1.関節拘縮の改善
 2.筋線維の増加
 3.リンパ循環の改善
 4.内臓機能の調節

解答: 2

79.MMTで筋力4の場合に、筋力増強に応用されるのはどれか。
 1.他動運動
 2.自動介助運動
 3.自動運動
 4.抵抗運動

解答: 4

80.オステオパシーに関する記述はどれか。
 1.擦過軽擦の手技を行う。
 2.創始者はパーマーである。
 3.骨格の異常を徒手で調整する方法である。
 4.ヨーロッパから導入された。

解答: 3

81.軽擦法の皮膚に及ぼす作用で適切でないのはどれか。
 1.感覚受容器の刺激
 2.新陳代謝の促進
 3.血管の収縮
 4.皮膚温の上昇

解答: 3

82.エリザベート・ディッケが創始したのはどれか。
 1.リンパマッサージ
 2.骨膜マッサージ
 3.乳房マッサージ
 4.結合織マッサージ

解答: 4

83.脊柱を矯正する押圧操作はどれか。
 1.振動圧法
 2.持続圧法
 3.衝圧法
 4.吸引圧法

解答: 3

84.手技について誤っている記述はどれか。
 1.運動操作は指圧の基本手技である。
 2.按捏法は揉捏法と圧迫法との混合手技である。
 3.曲手はあん摩特有の手技である。
 4.圧迫法は漸増漸減圧が基本である。

解答: 2

85.手背部で叩く手技はどれか。
 1.拳打法
 2.切打法
 3.合掌打法
 4.空気(宿気)打法

解答: 4

86.古法按摩の墨規矩(すみかね)で用いる手技はどれか。
 1.軽擦法
 2.揉捏法
 3.圧迫法
 4.叩打法

解答: 1

87.病態と治効作用との組合せで正しいのはどれか。
 1.関節拘縮 …… 興奮作用
 2.筋の痙攣 …… 鎮静作用
 3.知覚麻痺 …… 誘導作用
 4.浮腫   …… 矯正作用

解答: 2

88.内臓疾患の際に筋の過緊張を起こす反射はどれか。
 1.体性ー自律神経反射
 2.内臓ー内臓反射
 3.内臓ー知覚反射
 4.内臓ー運動反射

解答: 4

89.伝導熱を利用する温熱療法はどれか。
 1.パラフィン浴
 2.電光浴
 3.極超短波療法
 4.赤外線療法

解答: 1

90.ウィリアムス体操の目的で正しいのはどれか。
 1.肩関節の可動域改善
 2.膝関節の可動域改善
 3.腹筋の筋力強化
 4.上腕の筋力強化

解答: 3

91.古法あん摩の手技と現在行われている手技との組合せで
  正しいのはどれか。
 1.調摩の術 …… 揉捏法
 2.解釈の術 …… 軽擦法
 3.利関の術 …… 運動法
 4.肩井の術 …… 圧迫法

解答: 3

92.筋に対する揉捏法の作用として適切でないのはどれか。
 1.筋線維の増加
 2.代謝の亢進
 3.疲労の回復
 4.血行の促進

解答: 1

93.施術と手技との組合せで正しいのはどれか。
 1.あん摩      …… 指軽擦法
 2.マッサージ    …… 強擦法
 3.指圧       …… 間歇圧迫法
 4.結合織マッサージ …… 手掌軽擦法

解答: 2

94.指圧の押圧操作の三原則に含まれないのはどれか。
 1.皮膚に対して垂直に押圧する。
 2.漸増漸減圧を加える。
 3.押圧を一定時間持続する。
 4.術者は精神を集中する。

解答: 2

95.触圧刺激による鎮痛メカニズムを説明するのはどれか。
 1.圧発汗反射
 2.ホメオスタシス
 3.ストレス学説
 4.ゲートコントロール説

解答: 4

96.腰痛症の治療法で適切なのはどれか。
 1.ウィリアムズ体操
 2.コッドマン体操
 3.ボバース法
 4.棒体操

解答: 1

97.関節拘縮を正常に戻し機能の回復を図るのはどれか。
 1.興奮作用
 2.鎮静作用
 3.矯正作用
 4.誘導作用

解答: 3

98.あん摩・マッサージ・指圧が最も適する疾患はどれか。
 1.腹膜炎
 2.胃アトニー
 3.肝硬変
 4.狭心症

解答: 2

99.主に母指を用いて行う曲手はどれか。
 1.突手(つきで)
 2.車手(くるまで)
 3.挫手(くじきで)
 4.柳手(やなぎで)

解答: 3

100.乳房マッサージの前後に一般に併用する療法はどれか。
 1.低周波治療法
 2.極超短波療法
 3.運動療法
 4.温罨法

解答: 4

101.手技について誤っている記述はどれか。
 1.曲手は叩打法や振せん法などの複合手技である。
 2.按捏法(強擦法)は按撫法(軽擦法)と揉捏法との
   複合手技である。
 3.擦過軽擦はあん摩の按撫法(軽擦法)の一種である。
 4.指圧には吸圧法、衝圧法などの手技がある。

解答: 3

102.2段押し、3段押しともいわれ、圧操作が深部に
  浸透する手技はどれか。
 1.通常圧法
 2.衝圧法
 3.緩圧法
 4.吸圧法

解答: 3

103.次の文で示す法則を提唱したのは誰か。
 「弱刺激は神経機能を喚起し、中等度刺激はこれを興奮させ、
 強刺激はこれを抑制する。」
 1.ウイナー
 2.アルントシュルツ
 3.ハーヴェイ
 4.ウイルヒョウ

解答: 2

104.内臓の連関痛の特徴について正しい記述はどれか。
 1.脊髄分節に関係なく出現する。
 2.感覚の投射性が関与する。
 3.痛むところの皮膚部の知覚過敏はない。
 4.錐体路が関与する。

解答: 2

105.触・圧感覚を伝える伝導路はどれか。
 1.後脊髄小脳路
 2.錐体路
 3.錐体外路
 4.後索路

解答: 4

106.関節拘縮をゆるめ、可動範囲を広げる作用を持つのはどれか。
 1.結合織マッサージ
 2.自動運動法
 3.抵抗運動法
 4.矯正法

解答: 4

107.痛みを抑制する刺激としてゲートコントロール説に
  最も合致するのはどれか。
 1.温熱刺激
 2.触圧刺激
 3.侵害刺激
 4.冷却刺激

解答: 2

108.あマ指施術で強刺激によって期待される作用はどれか。
 1.矯正作用
 2.興奮作用
 3.誘導作用
 4.鎮静作用

解答: 4

109.疲労回復マッサージ効果として適切でないのはどれか。
 1.血液の循環をよくする。
 2.筋の過緊張を緩和する。
 3.消化機能を抑制する。
 4.体の柔軟性を高める。

解答: 3

110.ホメオスタシスという言葉を初めて用いたのは誰か。
 1.キャノン
 2.セリエ
 3.ウイナー
 4.レイリー

解答: 1

111.誤っているのはどれか。
 1.マッサージは末梢静脈血の還流を促す。
 2.持続的伸展運動は筋の緊張をほぐす。
 3.体熱の放散の大部分は呼気から行なわれる。
 4.メルケル盤、マイスナー小体は触圧覚の受容器である。

解答: 3

112.あん摩、マッサージ、指圧に共通する基本手技はどれか。
 1.按撫法(軽擦法)
 2.揉捏法
 3.圧迫法
 4.叩打法

解答: 3

113.神経痛やけいれんなどの神経の異常興奮を抑制するための
  適切な手技はどれか。
 1.按撫法(軽擦法)
 2.揉捏法
 3.振せん法
 4.圧迫法

解答: 4

114.あマ指の刺激が、下垂体-副腎皮質系の活動に作用し、生体の
  疾病に対して効果的な反応を現すことを支持するという説は
  どれか。
 1.過剰刺激症候群の学説(レイリー現象)
 2.汎適応症候群の学説(ストレス学説)
 3.サイバネティックスの学説
 4.圧自律神経反射の学説(圧発汗反射)

解答: 2

115.運動麻痺や知覚鈍麻などに、あマ指の効果が期待される作用は
  どれか。
 1.鎮静作用
 2.誘導作用
 3.反射作用
 4.興奮作用

解答: 4

116.ポリモーダル受容器の特徴で正しいのはどれか。
 1.機械的刺激にのみ反応する。
 2.化学的刺激にのみ反応する。
 3.温度的刺激にのみ反応する。
 4.機械的・化学的・温度的刺激のいずれにも反応する。

解答: 4

117.あん摩・マッサージ・指圧治療の禁忌はどれか。
 1.腹膜炎
 2.動脈硬化症
 3.足関節捻挫
 4.慢性胃炎

解答: 1

118.左右交互に動かさない手技はどれか。
 1.柳手
 2.耳鐘の術
 3.車手
 4.突き手

解答: 2

119.肩甲間部の手掌軽擦はどれか。
 1.墨規矩の一
 2.墨規矩の二
 3.墨規矩の三
 4.墨規矩の四

解答: 2

120.腹全体に力がなく皮膚のざらつくのはどれか。
 1.食痞の腹
 2.苦労の腹
 3.難治の腹
 4.虚人の腹

解答: 4

121.結合織マッサージについて誤っているのはどれか。
 1.エリザベート・ディッケが創始した。
 2.頚部や腰仙部を重視する。
 3.皮化結合組織に牽引刺激を加える。
 4.基本手技にはかぎ型軽擦と揉捏とがある。

解答: 4

122.体幹部以外にだけ行うのはどれか。
 1.拍打法
 2.指頭叩打法
 3.環状叩打法
 4.切打法

解答: 3

123.強擦法について誤っているのはどれか。
 1.屋瓦状強擦法とらせん状強擦法とがある。
 2.軽擦法と揉捏法との複合手技である。
 3.主に指頭を用いて施術する。
 4.主に関節部に応用する。

解答: 1

124.筋力と運動法との組み合わせで誤っているのは℃絵rか。
 1.筋力0 ー 他動運動法
 2.筋力良 ー 自動運動法
 3.筋力2 ー 自動介助運動法
 4.筋力可 ー 抵抗運動法

解答: 4

125.金属プレート挿入者に使用できないのはどれか。
 1.超音波療法
 2.パラフィン浴
 3.赤外線療法
 4.マイクロ波療法

解答: 4

126.ホットパックについて適切でないのはどれか。
 1.湿熱を与える。
 2.輻射熱を利用する。
 3.加湿する装置をハイドロコレーターという。
 4.温度は70~80℃とする。

解答: 2

127.結合織マッサージについて誤っているのはどれか。
 1.基本手技はカギ形軽擦と揉捏である。
 2.頚部や仙骨部を重視する。
 3.皮下結合組織に牽引刺激を与える。
 4.創始者はディッケである。

解答: 1

128.五十肩の体操法でないのはどれか。
 1.棒体操
 2.アイロン体操
 3.はしご体操
 4.ウイリアムズ体操

解答: 4

129.カイロプラクティックについて誤っているのはどれか。
 1.ラトレッジ法は横突起矯正をいう。
 2.ナショナル法は棘突起矯正をいう。
 3.椎骨矯正には緩圧法を用いる。
 4.ストラト法は頚椎矯正をいう。

解答: 3

130.指圧の沿革について正しいのはどれか。
 1.あん摩や柔道の活法との関連が深い。
 2.江戸時代に特に発展した。
 3.フランスからの療術が多く取り入れられている。
 4.中国を中心に発達した。

解答: 1

131.顔面部には行わないのはどれか。
 1.母指圧法
 2.四肢圧法
 3.挟圧法
 4.持続圧法

解答: 3

132.骨膜マッサージについて誤っているのはどれか。
 1.フォグラーが創始した。
 2.骨芽皮下に触れる部を重視する。
 3.骨の上をできるだけ強く円運動を行う。
 4.施術時間は1局所3~5分とする。

解答: 3

133.リンパマッサージについて誤っているのはどれか。
 1.遠心性に施術する。
 2.主義には擦法と揉捏がある。
 3.滑剤を使用する。
 4.老廃物をリンパ系に速やかに吸収させることが目的である。

解答: 1

134.看護マッサージはどれか。
 1.乳汁うっ滞に対するマッサージ
 2.内反足の矯正を目的とするマッサージ
 3.褥瘡の予防を目的とするマッサージ
 4.胎仔の位置異常に対するマッサージ

解答: 3

135.スポーツマッサージについて誤っているのはどれか。
 1.競技後マッサージはアイシングを併用することが多い。
 2.目的はスポーツ障害の予防と記録の向上である。
 3.競技前マッサージは神経興奮を抑制させるため、
   強刺激を与える。
 4.スウェーデン式、フィンランド式、ドイツ式などがある。

解答: 3

136.産業マッサージの目的でないのはどれか。
 1.眼精疲労の回復
 2.労働災害の防止
 3.健康の増進
 4.疾病の治療

解答: 4

137.物理療法について正しいのはどれか。
 1.パラフィン浴は65℃で行う。
 2.マイクロ波の波長は6mである。
 3.頚椎牽引は体重の1/6を上限の強さとする。
 4.赤外線にはメラニン色素沈着作用がある。

解答: 3

138.刺激量を決定する要因でないのはどれか。
 1.術者の体格
 2.手技の種類
 3.施術時間の長短
 4.患者の感受性

解答: 1

139.もみ返しの予防について誤っているのはどれか。
 1.皮膚の移動性の範囲で揉捏する。
 2.痛みをこらえさせるような強い施術をする。
 3.筋をしっかりとらえて圧迫する。
 4.初診時から患者の体調の把握に努める。

解答: 2

140.推拿の按法に相当するのはどれか。
 1.軽擦法
 2.揉捏法
 3.運動法
 4.圧迫法

解答: 4

141.圧発汗反射の学説で圧迫側の変化として適切でないのは
  どれか。
 1.発汗の減少
 2.皮膚温の低下
 3.血圧の上昇
 4.鼻粘膜の毛細血管の拡張

解答: 3

142.ギリシャ語で「舵取り」を意味するのはどれか。
 1.ホメオスタシス
 2.サイバネティックス
 3.ストレッサー
 4.フィードバック

解答: 2

143.治療的作用の組み合わせで誤っているのはどれか。
 1.鎮静作用 ー 肋間神経痛
 2.興奮作用 ー 顔面神経麻痺
 3.誘導作用 ー 易痙攣
 4.転調作用 ー アトピー性皮膚炎

解答: 3

144.レイリー現象の四大特性で誤っているのはどれか。
 1.血管運動性の障害が起こる。
 2.刺激の種類は何でもよい。
 3.同じ反応がみられる。
 4.障害が離れた部位に出現する。

解答: 3





スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.