スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノート・テスト科目一覧
ブログランキング
★にほんブログ村」のランキングに参加中!!
このサイトが役にたったら、1日1クリックの応援をお願いします。

東洋医学臨床論ノート30「のぼせ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

【1】現代医学的な考え方

A.注意を要するもの
A)のぼせ
①多血症の重症例
・動悸、息切れ、ピンク色の痰の排出、乏尿などを伴うもの。
②上大静脈症候群
・胸部、上肢に静脈怒張がみられるもの。
③カルチノイド症候群
・のぼせ以外に腹痛、腹鳴、水様性下痢、喘息様症状を伴うもの。

〔参考〕
①多血症(赤血球増加症)
・相対的なものと絶対的なものに分けられる。
・絶対的なものには骨髄の過形成によるものと、
 エリスロポエチン産生増加による二次性のものがある。
②カルチノイド腫瘍
・形態学的に癌に類似するが、悪性度の低い一群の腫瘍。
・消化管、肺、気管にでき、ヒスタミンやセロトニンなど
 種々の生理活性物質を産生し、腫瘍が増大すると臨床的に
 カルチノイド症候群(顔面紅潮、下痢、喘息様発作、
 心弁膜症などが特徴的症状)を呈する。

B)冷え
①貧血症
・動悸、息切れ、眼瞼結膜の貧血等が診られるもの。
②四肢血管障害(大動脈炎症候群、レイノー病、バージャー病など)
・四肢末端の潰瘍・傷が治りにくいなどの症状があるもの。

B.適応となるもの
①更年期障害
・閉経期の内分泌異常に伴う自律神経機能の異常により、
 局所の血管調節が乱れて、局所の血流が多くなったり、
 妨げられたりして、顔面紅潮・発汗・局所の冷感・
 皮膚の蒼白などの症状を起こすものをいう。

C.治療方針・治療法
治療方針
・内分泌系・自律神経系を調節する。
・局所の血流を調節する。
治療法
①のぼせ
・頸部に軽擦法を主とした施術を行い、後に肩背部に軽擦法・
 揉捏法を加え筋の過緊張を除く。
・肩甲上部(肩外兪・肩井・天など)にはやや強めの
 圧迫法を加える。
・側頭部・後頭部に疼痛が限局してある場合、その部位に
 手根圧迫法・振顫法行う。
・ネーゲリーの伸頭法も効果的である。
・慢性ののぼせには、頭寒足熱という考え方で、入浴(温浴)などと
 共に、心身の安静を図り、頸部・肩背部に軽擦法・圧迫法・
 揉捏法、さらに四肢に誘導マッサージを行う。
②冷え
・全身施術を適当な間隔をもって行ない体力の増進を図る。
・特に冷えを感ずる局所に軽擦法・軽度の母指圧迫法を行なって
 循環を改善し、その回復を図る。
・低血圧・貧血を伴う者には、生活指導(規則正しい生活・適度な運動・休養など)と食餌療法を併用する。
③特効穴
・身柱、次、三陰交、足三里、太衝

【2】東洋医学的な考え方
①のぼせ
・のぼせは女性に多くみられ、顔がほてる、頭がのぼせるなどを
 訴える。
・また、下半身の冷えと上半身ののぼせを同時に伴っている場合は
 「上熱下寒」といわれている。
・腎は全身の陰陽の根本であり「水火の宅」といわれている。
・心と腎について相対的にいうと、心の性は火であり陽に属し、
 腎の性は水であり陰に属している。
・心と腎の間には陰陽のバランス、水火のバランスがあり、
 このバランスが失調すると心腎不交となり「上熱下寒」が現れる。
②冷え症
・冷え症は陽虚、寒湿、血などが関係して起こるものが多い。
・冷え症は女性に多くみられるが、これは月経の来潮時や産後に
 不注意でいると寒邪をうけやすいこととも関係が ある。

以下、のぼせと冷えが同時に出るものを述べる。

症例
・心腎不交によるのぼせ・冷え
病態
・慢性疾患・房事過多・出産、陰陽(水火)のバランス失調、
 心腎不交、上熱下寒となる。
主要症状
・頭顔面部ののぼせ、腰部・下肢・腹部の冷え
随伴症状
・顔面紅潮、眩暈、目の充血、咽喉部の乾き、口渇、
 腰部鈍痛、寒がり、小便清長、下痢
舌脈所見
・舌質紅または舌尖紅、舌苔少、細弱脈
治療方針
・心腎の交通を図る。
・陰陽のバランスを回復させる。
治療法
・内関、神門、大椎、長強、三陰交、太谿、腎兪、関元、百会
取穴理由
・内関・神門で心の陽気を除去し、大椎・長強は腎を
 補強する作用があり、腎気の充足で陰陽が自然に調節される。
・また、三陰交・太谿・腎兪・関元の諸穴で腎を補い、
 腰を強めて虚火を降ろす。
・更に、百会で陰気を上昇させる。





スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.