スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノート・テスト科目一覧
ブログランキング
★にほんブログ村」のランキングに参加中!!
このサイトが役にたったら、1日1クリックの応援をお願いします。

臨床医学各論ノート05「男性生殖器疾患」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

前立腺肥大症
・50歳以上の人は肥大傾向にある。
・60歳以上になると直腸視診にて肥大が確認できる。
原因
・アンドロジェンの減少により起こる。
・前立腺の内腺が肥大し、外腺を圧迫していく。
症状
・尿意頻数(夜間に多い)、会陰部不快感、遷延性排尿、
 尿線が細くなる、残尿、性交や飲酒によって尿閉、
 暴行拡張、奇異性尿失禁(溢流性尿失禁)、腎機能低下など。
治療
・化学療法としてアンドロジェン、アミノ酸製剤、漢方薬など。
・進行例では外科手術を実施する。

前立腺癌
・ほとんどが外腺から発生する腺癌である。
・欧米では弾性の癌として頻度が高い。
症状
・排尿障害、血尿、会陰部の不快感など。
・椎骨や骨盤に転移しやすい、骨転移によって骨髄も傷害される、
 上記により造血機能が衰える。
検査
・直腸内指診、血清酸性フォスファターゼの上昇
・確定診断は生検によってなされる。
治療
・外科手術、放射線療法、内分泌療法を行う。
※内分泌療法
・アンドロジェンを減らす目的で、エストロジェンを投与する。





スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.