お風呂は立派な温熱治療

おはようございます。あんり治療院の藤井です。

急に寒くなってきて日が暮れるのも早い、気忙しい12月になりましたが、怪我をしたり体調を崩さないように注意してくださいね。
寒くなると風邪やインフルエンザも怖いですが、寒さは筋肉や関節にも悪い影響を及ぼしますので、しっかりと温めて冷やさないように気を付けてください。

身体をしっかりと温めるにはやっぱりお風呂…ということで、お風呂で得られる温熱効果について今日はお伝えします。

温熱治療の効果

「お風呂上りのマッサージは効果的」
「お風呂上りのストレッチは効果的」

こういった情報はたくさんの方がご存知だと思います。

温熱治療の効果では「血液循環の改善」、「疼痛の緩和」、「神経の殿堂速度の上昇」、「軟部組織の伸張性の改善」などが有名です。

お風呂で体が温まると、まず血液循環が改善します。
血管の拡張や血流の改善で老廃物が除去されて筋肉が緩み、リラックス効果も加わってさらに筋肉が緩みます。

そして、血液循環が改善して硬くなった筋肉が緩むと、血行不良や筋緊張による疼痛は軽減します。

これらが、お風呂上りにマッサージやストレッチが効果的という医学的な説明となるんですが、温熱効果はこれだけではありません。

神経の殿堂速度が上昇すると神経の働きが高まるので、筋肉の動きがスムーズになり、身体全体の負担が軽減します。
また、軟部組織の伸張性が改善すると関節の動きがよくなり、関節運動の効果も高まります。

ただお風呂に入っただけでは最初の2つの効果しかなく、身体事態は入浴前と何ら変化していないため、温熱治療の効果がなくなれば元に戻ってしまいます。

マッサージでも同じようなことがいえるのですが、お風呂上り、マッサージ終わりには『全身を動かす』ことが大切です。
全ての筋肉、全ての関節をいっぱいいっぱいまで動かしてください。
※急性の症状では安静にしてください。

お薦めの運動はラジオ体操

お風呂上りのストレッチも効果的なんですが、全身の筋肉をストレッチするのは一人ではとても難しいので、ラジオ体操が簡単で時間もかからないのでお薦めです。
※動画サイトでラジオ体操と検索すればすぐに出てきます。

ただ、ラジオ体操はスピードが速いので、回数は半分でもいいので、身体を限界まで大きく動かすように意識してください。
そして、少しずつ少しずつ身体をいい方向に変化させてください。

※今、身体を限界まで大きく動かせるような、ゆ?っくりなラジオ体操を作成中なので、完成したら配信しますね。

日々の仕事や家事の積み重ねで首肩こりや腰痛になったのなら、改善するための行動を日々積み重ねることが必要です。

毎日入るお風呂、その毎日を効果的に利用してくださいね。

※体を限界まで大きく動かす事ができる、「ゆ~っくり」なラジオ体操を作成しました。
健康増進にラジオ体操の記事もご覧ください。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事がお役にたちましたら、「いいね」や「ツイート」、「+1」してくれると励みになります。
LINEで送る
Pocket