LINEで送る
Pocket

熱中症予防・気温と湿度にご用心

おはようございます。あんり治療院の藤井です。

蒸し暑い日が続いておりますが、毎日の暑さに負けていませんか?
今年は土用の丑の日が2回(7/22と8/3)あり、こういう年は特に暑くなるともいわれています。
熱中症にならないよう、しっかり備えてくださいね。

あんり治療院のメルマガでは熱中症予防に関していくつかお伝えしています。

熱中症予防関係のメルマガバックナンバー

【参考記事】熱中症の予防には汗を蒸発させよう
【参考記事】熱中症予防・汗腺を活性化してサラサラ汗をかこう
【参考記事】熱中症予防・なぜ塩分を摂取しないとダメなのか!

是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

今日は、熱中症予防の基本中の基本である、『気温』についてお伝えさせて頂きます。

[あんりさんから一言] このページの内容は自由にコピペしていただいて構いませんが、お役にたちましたら[いいね!]やコメント、Googleレビューを一言残していただければ嬉しいです。




天気予報の最高気温はどこの気温!?

あんり治療院ではクーラーが苦手そうな方に、「クーラーは使っていますか?」という質問をよくします。

すると…、

『うちは風通しがよくて涼しいから、クーラーは使わない』

そうおっしゃる方が多くおられるのですが、天気予報で発表されてる温度は「周りが芝生で風通しのいい日陰の温度」ですので、家の中で直射日光が当たらず、風通しの良い部屋の温度が、天気予報で発表されている気温という風に考えてください。

最高気温35℃という日の昼12時~14時頃は家の中の風通しのいい部屋の温度が「35℃」というわけです。
※道路の上などは40℃以上になっているともいわれています。

また、最低気温28℃とは夜明け前の温度が28℃という事ですから、就寝時にはまだ30℃以上というような日もあり、就寝中に熱中症になることもあるそうです。

クーラーの設定温度の目安は「温熱中性帯」

熱中症には気温と共に、湿度も大きな要因となりますので、気温とともに湿度も下げることが重要です。

気温と湿度を下げるにはクーラーを使うのが効果的です。

クーラーで冷やし過ぎると身体が怠くなることもありますので、クーラーも上手に使って熱中症予防をしていただくために、『温熱中性帯』という温度を設定温度の目安にお使いください。

温熱中性帯とは、一般的にはあまり使われることのない言葉ですが、「裸でじっとしている状態で、暑さも寒さも感じない温度」というもので、『温熱中性帯=29℃前後』といわれています。

服を1枚着ると温度を1度高く感じるので、「28℃前後」が服を着ている状態での温熱中性帯の目安となります。
私もよく足元が冷えるので、クーラーが苦手な方の気持ちもわかりますが、気温が高い時間帯だけでもクーラーを使用して気温と湿度を下げ、「熱中症にならないように」気を付けてくださいね。

まだまだ蒸し暑い日は続きますので、熱中症には充分にお気を付け下さい。

最後に……

この記事がお役に立ちましたらFacebookの「いいね!」やGoogleレビューへご意見・ご感想をお願いします♪
このようなお知らせをスマホアプリLINEで配信しています。
スマホアプリLINEの友達追加がまだの方は「あんり治療院公式LINEはこちら」からどうぞ♪

合わせてお読みください

★普段から運動して汗をかく練習をしましょう♪
何歳からでも始められる「スロージョギング」のおすゝめ

★お風呂も入り方一つで汗をかく練習に♪
HSP入浴法で美しくダイエット&免疫up

★熱中症予防の水分補給に美容効果の高い飲み物を♪
手作りフォンダンウォーターで美容と健康にも良い水分摂取♪

★水分をたくさん摂取すると夜のトイレが気になる方へ♪
膀胱を引き伸ばして頻尿改善!!朝まで快眠!!

★良く寝るだけで痩せるっていうまじめなお話♪
寝るだけダイエット
「寝るだけで痩せる」嘘みたいだけど医学的な本当のお話




本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事がお役にたちましたら、「いいね」や「ツイート」、「+1」してくれると励みになります。
LINEで送る
Pocket