LINEで送る
Pocket

熱中症予防・クーラーガンガンで爆睡して体力回復!?

おはようございます。あんり治療院の藤井です。

今年も暑い!!「溶けそうな暑さ」を通り越して『焦げそうな熱さ』ですね!!
今夏は梅雨が明けるまで暑さがマシだったのでこの暑さは堪えますね。

あんり治療院では今までに「熱中症予防」についていくつかお伝えしてきました。

熱中症予防関係のメルマガバックナンバー

【参考記事】熱中症予防の基礎知識「気温」と「湿度」について
【参考記事】熱中症の予防には汗を蒸発させよう
【参考記事】熱中症予防・汗腺を活性化してサラサラ汗をかこう
【参考記事】熱中症予防・なぜ塩分を摂取しないとダメなのか!

気温や湿度、汗、塩分など、基本的な熱中症情報はお伝えしてきましたが、皆さんは意識して頂けていますか?
愚問でございました、もちろん意識して頂けていると信じています(笑)
この暑さで命を落とす方もおられます、熱中症対策は「命を守る行動」という意識で取り組んでくださいね。

さてさて、今日お伝えする内容は、『クーラーガンガンで爆睡して体力回復』なんて乱暴なタイトルにしてみました(笑)
熱中症予防」ではなく『夏を生き抜くワザ』という違う視点からお伝えします。

熱中症対策・気温と湿度を下げるにはクーラーが1番!!

普段からクーラーはお使いですか?
熱中症の原因である気温と湿度、これを下げるにはクーラーをつけるのが最も手っ取り早いです。
電気代がもったいない…のも分かりますが、熱中症になって病院に運ばれたら医療費の方が高くつきます、積極的にクーラーを使いましょう。

熱中症予防・寝る時にもクーラーを!!

日中はさすがにクーラーをつけるけど、就寝時は消してるという方もおられますね。
大阪では夜明け頃の気温(最低気温)が28度以上、就寝時(夜0時頃)の気温が30度以上という日は珍しくありません。
寝ている時の熱中症を予防するためにもクーラーを積極的に使いましょう。

クーラー病・冷房病とかって聞くけど…!?

クーラーを多用するとクーラー病・冷房病になるなんて話も聞きますね。
「病」と名が付くと気になっちゃう方もおられるでしょうから、簡単に説明します。

クーラー病・冷房病とは

室内と屋外の温度差が5度以上になると体温調節機能が追いつかずに自律神経が不調をきたし、様々な症状が現れる、こういう状態をクーラー病・冷房病と言います。

クーラー病・冷房病にならない温度設定とは

大阪府医師会のWebサイトによると、クーラー病・冷房病にならないためには室内と屋外の温度差を5度から7度にとどめるのが望ましいとありました。
アスファルトの上は天気予報の最高気温プラス5度と言いますから大阪だと40度越え?、外気温より5度から7ど下げる程度に留めるのは厳しいですねぇ(汗)

あれれ!?寝る時の気温だとどうなんだろう…。

熱帯夜の日なら設定温度23度でも大丈夫!?

大阪府の熱帯夜、就寝時で30度、明け方の最低気温で28度なんてヒモ珍しくないと先に説明しました。
この気温で大阪府医師会がクーラー病・冷房病にならない温度設定、外より5度から7度冷す程度というのを当てはめたらどうでしょう。

おぉっ!?設定温度23度でも医師会が推奨する範囲内、クーラー病・冷房病にならない範囲内です。
熱帯夜が少しマシな日だと、室内と屋外の温度差はもっと小さくなります。

さぁ、設定温度を23度にして熟睡しましょう!!という冗談はさておき…。

最初に考えてほしい、睡眠の意味

ここまで冗談なのか本気なのかよく分からない流れでしたが、ここからは真面目に書きます。

体温より高い気温、身体にまとわりつくような湿度、ジリジリ照りつける日光、これらは皆さんの体力を削り取っていきます。
しっかり食べて体力をつけようにも暑さで食欲が落ちてしまいます。

ここで考えてみてください、「睡眠」とは何の目的でするのか、『体力を回復させるため』だと私は思います。
熱中症を予防するには「しっかり寝て体力を回復させる」これが何より大切です。
水分補給や塩分がどうのというのも大切ですが、やはり体力があってこその話です。

夜間のクーラーの設定温度は「睡眠の質を最優先に考えた温度」という見方もあるよというご提案です。

私はクーラーをつけて羽毛布団をかぶって寝ています

クーラーの設定温度はクーラーの性能や部屋の広さで変わってきますが、うちの家では『26度』に設定しています。
冷気は下に貯まるので畳みに布団を敷いて寝てるとかなり涼しいです。
寝る服装はドライ機能のあるTシャツと短パンで、この状態で冬用の羽毛布団をかぶって寝ています。
医学的に正しいのか間違ってるのか分かりませんが、私は「ぐっすり眠る」ということを最優先に考えています。

タイマーが切れたら目が覚めてまたタイマー…なら、着けたままで寝てみたらどうかな…。
クーラーをつけてても暑くて寝苦しい…なら、設定温度を下げてみたらどうかな…。
クーラーをつけて寝ると足が冷える…なら、短パンで靴下を履いて寝てみたらどうかな…。
明け方は寒くて目が覚める…なら、冬用の布団を使ってみたらどうかな…。

などなど、「これが最もよく眠れる」という環境は人それぞれ違いますから、1つの情報に固執せずに臨機応変に対策してみてください。

真冬は10度以下の室温の中で寝ています
春秋は20度前後の室温の中で寝ています。
真夏は30度の室温で寝て熱中症になる人がいます。
季節で睡眠の質は変わりますので、自分が寝やすい季節に室内環境を合わせてみるなんてのはいかがでしょうか。

以上、今日は医学的、省エネ的にどうという事ではなく、ちょっと違う視点からの夏の睡眠のご提案でした。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事がお役にたちましたら、「いいね」や「ツイート」、「+1」してくれると励みになります。
LINEで送る
Pocket